車椅子で行く新宿~新宿NSビルバリアフリー情報

外観はスカイエレベーターとガラス屋根、内観は吹き抜け構造が特徴的な「新宿NS」ビルは、近年バリアフリー改修が進んでいますが、本当に車椅子で利用できるのか。現地現場の実際を詳しく紹介します。

新宿NSビルバリアフリー

 

○エントランスへはつづら折りスロープで

新宿NSビルは1982年の竣工。元々の設計がバリアフリーではありません。街路から1F正面エントランスへは階段を利用します。この階段にはスロープがあるので、車椅子はスロープへ。距離があるつづら折りのスロープですが、傾斜はそれほどキツクありません。一般的な車椅子利用者なら通行可能です。

新宿NSビルバリアフリー

 

○駐車場のスロープは改修済み

車の場合は地下駐車場へ。各エレベーターホールの近くに、障害者用駐車スペースが用意されています。地下駐車場エレベーターホールへの段差解消スロープは、立派な使いやすいものに改修されました。車椅子での駐車場利用は可能です。

 

○スカイエレベーターは変更済み

新宿NSビルのトレードマークであった、1Fと29F・30Fを結ぶ「スカイエレベーター」は設備更新され、車椅子用ボタンがついたエレベーターになりました。

館内の他のエレベーターも、すべて設備更新されています。

 

○障害者用トイレを増設

障害者用トイレは1Fに一つだけ、という期間が長かったのですが、現在では4Fと30Fに増設されています。ただし30Fはスカイカンファレンスを利用するイベントがない日は閉鎖されています。4Fは医療モールです。29F「スカイレストラン街」には、まだ障害者用トイレがありません。

29Fの飲食店のなかには、店内段差があり車椅子での利用が難しいお店もあります。また土日は休業するお店が多いので、週末は営業状況を確認して利用してください。

新宿NSビルバリアフリー

 

○29F空中ブリッジは車椅子で通行可

館内は元々フラットな設計で、フロア内の車椅子移動はほぼ問題ありません。29Fにある空中ブリッジは、高さ130mの吹き抜け空間をつなぐ全長40mの回廊。車椅子での通行は可能です。

 

○振り子時計は世界最大

吹き抜けフロア1Fにある時計は、世界最大の振り子時計としてギネスに載ったことがあります。時計の周辺はバリアフリー。車椅子での移動に問題はありません。

1Fにはショップやファストフード店などが数多くあります。店内が狭くて車椅子利用が難しいお店もありますが、ビルの構造としてはバリアフリーです。

新宿NSビルバリアフリー

 

○B1イベントホールへもエレベーターで

様々なイベントが開催されB1のNSイベントホール。メインの動線は階段の構造ですが、エレベーター利用は可能です。イベント開催時はスタッフがいるはずなので、相談してください。

 

2010年代に、新宿NSビルのバリアフリー改修は少しずつ進みました。今では車椅子で利用出来る施設になっています。