新宿アイランド 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

新宿アイランド

多数のパブリックアートが展示され、イルミネーションが美しい西新宿の「新宿アイランド」は、1990年から再開発が始まり1995年に開業しました。オフィス、住宅、商業施設からなる複合施設で、44階建ての「アイランドタワー」を中心に、「東棟」「西棟」「南棟」「アトリウム棟」の5棟が建つ構造で、数多くのレストラン&ショップが営業しています。

新宿アイランド

B1スペースには公開空地的な「パティオ」という広場があります。

新宿アイランド

レストランやショップなどがある一般商業施設は、B1、1F、2Fと44F。このうちB1、1F、2Fには各階に1つバリアフリートイレがあります。44Fにはバリアフリートイレがありません。下の写真はB1のバリアフリートイレです。男性用トイレの入口にあります。

新宿アイランド

スペースは一般的なサイズの個室で、ウォシュレット付き便器が備えられています。

新宿アイランド

1Fのバリアフリートイレは一般トイレと並んで設置されています。

新宿アイランド

以前はメインエントランスも段差構造で、車椅子で入館できるアクセスルートは、下の写真の車椅子マークが掲示されている円形の棟からだけでした。

新宿アイランド

道の両方向から、目立つマークがつけられています。

新宿アイランド

このルートは現在もバリアフリールートとして生きています。1基のエレベーターでアイランドタワーのB1、2Fへ移動することができます。

新宿アイランド

地上から利用する1Fエレベーター乗り場の状況。

新宿アイランド

B1のエレベーター乗り場です。

新宿アイランド

近年、各エントランスのバリアフリー改修が進み、ほぼ段差が解消されました。今ではメインエントランスへ車椅子で直線的に移動できます。

新宿アイランド

メインエントランス前はフラットな路面です。

新宿アイランド

メインエントランスの出入口は、車椅子で出入りしやすい幅広い自動ドアです。

新宿アイランド

メインエントランの反対側の小さな入口にも、段差解消スロープが設置されました。

新宿アイランド

ただしこの先のドアは、車椅子で通過できない回転ドアがメインで、その横の手動開閉ドアを開けて入館しなくてはなりません。

新宿アイランド

メインエントランスから、または反対側から入館すると、エレベーターホールがあります。ここからB1・B2・2F・44Fと、商業施設があるすべてのフロアにエレベーターで移動できます。円形の棟からのルートと、こちらの正規ルート、どちらも車椅子で移動できます。

新宿アイランド

B1のパティオ及びその近くにある東棟の地下店舗を利用する場合は、円形の棟ルート、正規ルートのどちらからアクセスしても、パティオにでる箇所に、車椅子で通過できない回転ドアがメインの出入口があります。

新宿アイランド

車椅子では回転ドアの脇にある手動開閉ドアを通過しなくてはなりません。ドアの先は段差回避スロープが整備されています。

新宿アイランド

このB1のドアを回避して、地上からB1のパティオ付近に行くルートがあります。東棟のパーキングエレベーターを利用します。

新宿アイランド

地上のエレベーター乗り場は、セブンイレブンの横にあります。

新宿アイランド

この奥にエレベーターがあり、B1のパティオの横に下りることができます。

新宿アイランド

パティオは段差構造ですが、カーブしたスロープ路が設置されています。

新宿アイランド

パーキングエレベーターを利用する地下駐車場は、駐車料金の減免サービスをおこなっているテナント店はごく一部です。入庫時には無料のバレーサービスがありますが、出庫時にはこのサービスはなく、事務所でキーを受けとって駐車場へ向かい、自分で出庫します。駐車場利用する場合は、車椅子利用者はスタッフとよく打ち合わせて、入庫時のバレーサービスを利用することをお薦めします。

(本稿は2021年10月に書き直しました)