日中友好会館美術館「金山農民画展」バリアフリー情報

日中友好会館美術館「金山農民画展」バリアフリー情報

日中友好会館内の「日中友好会館美術館」での企画展です。会期は2019年6月6日から26日まで。会場はフラットな構造で車椅子での鑑賞は可能です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○日中友好会館への車椅子でのアクセス

所在地は東京都文京区後楽。「小石川後楽園」の隣に建つ施設です。

来館者用の専用駐車場はありません。

飯田橋駅がもっとも近く、大江戸線の地上行きエレベーターで出ると、徒歩1~2分ほどの距離です。

日中友好会館へのアクセスルートは、整備された歩道があり、車椅子での移動に大きな問題はありません。

日中友好会館への車椅子でのアクセス

○美術館は1F

エントランス周辺はフラット構造で、車椅子での移動は可能です。日中友好会館の正面入口から入館します。館内には障害者用トイレの用意があります。

「日中友好会館美術館」は1Fにあります。美術館の入口は広くてフラットな構造で、車椅子で問題なく入館できます。

「金山農民画展」は入館無料の企画展です。入口で簡易なアンケートがあります。

美術館は1F

○中国のレトロ&ポップ

「中国三大農民画の郷」である、上海市金山区の農民画70点が展示されます。

会場もフラットでスペースに余裕があり、車椅子で問題なく作品を鑑賞できます。

また気に入った画にシールを貼る人気投票が行われています。

金山農民画は、解りやすく、誰もが楽しめる画風です。

中国のレトロ&ポップ

中国のレトロ&ポップ

中国のレトロ&ポップ

○こどもコーナーあり

来場したこども向けに、塗り絵ができるコーナーが用意されています。またアンケート用紙に記入すると、記念品がいただけます。

 

日中友好会館美術館はバリアフリーです。「金山農民画展」は誰もが楽しめる分かりやすい作品展です。