横須賀美術館「長沢明展」車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

横須賀美術館「長沢明展」車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

神奈川県横須賀市「横須賀美術館」の「長沢明展 オワリノナイフーケイ」を車椅子で観覧しました。コレクション展「土屋仁応(よしまさ)」特集と「谷内六郎館」とあわせて、会場のバリアフリー状況を紹介します。

「長沢明展」は2020年2月8日から4月12日までの開催。土屋仁応特集展示は、4月5日までです。

横須賀美術館「長沢明展」車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

○横須賀美術館のバリアフリー状況

アクセスは車が便利です。地下屋内駐車場があり障害者用駐車区画が用意されています。駐車料金の障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で無料に減免されます。

また観覧料も減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。

駐車料金、観覧料とも、受付で手帳を提示して減免措置を受けます。

館内はバリアフリー仕様です。床面はフラットで、上下階には4系統あるエレベーターで移動できます。

障害者用トイレは3箇所に計5つ用意されています。

横須賀美術館「長沢明展」

○長沢明展のバリアフリー状況

横須賀美術館は1Fが企画展示室、B1がコレクション展の展示室です。

「長沢明展 オワリノナイフーケイ」は、1Fのすべての展示室、1から3までを使用しています。

展示室に入る前に、ロビーに大作「マウンテンⅡ」が展示されています。

展示室1では、新作の「メメントの森」の展示。壁面いっぱい貼られた和紙に描かれた作品です。広い空間の中から、車椅子で自由に作品を鑑賞できます。

横須賀美術館「長沢明展」

横須賀美術館「長沢明展」

展示室2では、ブルーバードやトラなどの大型絵画の展示が中心。長沢明氏の中心的な作品群を鑑賞できます。

横須賀美術館「長沢明展」

展示室3には、本を積み上げた巨大作品を中心に、BOOKなどの作品を展示。すべての作品は車椅子から鑑賞できます。

横須賀美術館「長沢明展」

長沢氏にとって作品の創作とは、フーケイを作り続ける感覚ということです。

横須賀美術館「長沢明展」

○コレクション展のバリアフリー状況

展示室3を退室してエレベーターBで地階に移動します。

地階には展示室4から展示室8まであり、更に吹き抜け構造のギャラリーがあります。

「土屋仁応」特集は展示室8で開催されています。室内には計8体の作品が並び、ゆとりあるスペースから車椅子で鑑賞できます。

土屋氏が創る神秘的な動物像は、見る者の想像力を掻き立てます。

「土屋仁応」特集

○谷内六郎館のバリアフリー状況

別棟の谷内六郎館も、バリアフリー仕様で車椅子での観覧に大きな問題はありません。

今般、館内の写真撮影が解禁されました。三脚、ストロボの仕様は禁止です。

谷内六郎館

谷内六郎館

谷内六郎館

横須賀美術館はバリアフリー施設、「長沢明展」は車椅子で鑑賞しやすい展示会です。