車椅子で行く六本木ヒルズ~森美術館のバリアフリー事情

六本木ヒルズ53Fにある森美術館。車椅子で行くと実際にどうなのか。バリアフリー事情をくわしく紹介します。

六本木ヒルズ~森美術館

○施設は3F、52F、53F

森美術館は森タワーの53Fです。関連する施設は他に3Fと52Fに。3Fがチケットカウンターと専用エレベーターの搭乗口。52Fが美術館入口で、ミュージアムカフェや森アーツセンターギャラリーなど関連施設があります。降りて3Fに戻るとアート&デザインストアとA/Dギャラリー。3F→52F→53F→52F→3F。このようなフロア移動になります。

六本木ヒルズ~森美術館

○車椅子で3Fへ向かう

先ずは森タワー3Fを目指します。一般的なルートは、六本木ヒルズGエレベーターで3F「ミュージアムコーン」に行き、連絡通路で3Fチケットカウンターへ向かいます。ところがこのGエレベーターが混みます。更に66プラザレベルからGエレベーターに向かうと雨の日は濡れます。

六本木ヒルズ~森美術館

混み日、雨の日の車椅子向け裏ワザとしては、森タワーSエレベーターの利用をお薦めします。Sエレベーターで3Fに行き「アート&デザインストア」を通り過ぎるとチケットカウンターに到着します。

六本木ヒルズ~森美術館

○障害者減免あり

森美術館および関連施設で開催される有料企画は、ほとんどの場合障害者減免があります。企画毎の設定なので一概にはいえませんが、本人と介助者1名が半額に減免される場合が多く、たまに無料に減免される企画もあります。減免申請はチケットカウンターで障害者手帳を提示すればOKです。あくまで減免措置は企画毎の設定なので、個別に確認してください。

六本木ヒルズ~森美術館

○52Fはバリアフリー

3Fから専用エレベーターで52Fへ上がります。この間はバリアフリー、車椅子でのエレベーター利用に大きな問題はありません。52Fには「ミュージアムカフェ&レストラン」、関連施設である「森アーツセンターギャラリー」、展望台の「東京シティビュー」があります。いずれの利用もバリアフリー。また52Fには障害者用トイレがあります。

六本木ヒルズ~森美術館

○53Fへは車椅子専用エレベーターで

53Fの「森美術館」へは健常者は52Fから階段利用です。車椅子で52Fの「森美術館」エントランスに来場すると、裏手にあるエレベーターに案内されます。53Fでエレベーターを降りた近くに、森美術館内では唯一の障害者用トイレがあるので、展示室に入る前にご利用ください。

六本木ヒルズ~森美術館

○53F内はバリアフリー

53Fの「森美術館」は、中央部が吹き抜けで森タワーをグルット廻るようなフロア設計。このフロア内は基本的に段差のないバリアフリー設計です。経験の限りでは、車椅子での利用に決定的な問題がある展示方法の企画展は知りません。一般的な車椅子利用者なら、問題なく利用できるはずです。

六本木ヒルズ~森美術館

○3Fショップは混むと辛い

お帰りは逆コース。53Fからスタッフの誘導をうけ、車椅子専用エレベーターで52Fへ。そして3Fへ下ります。3Fにはミュージアムショップ「アート&デザインストア」があります。このショップ内通路はそれほど広くはありません。混雑していると車椅子では苦戦する箇所があります。なるべく空き日、空き時間の利用をお薦めします。

隣接する「A/Dギャラリー」は小さなイベントルーム。その時々の企画が行われています。段差のない部屋なので、車椅子での入場に問題はありません。

六本木ヒルズ~森美術館

○エレベーターSはP2直結

3Fから他フロアへの移動はGまたはSエレベーターで。帰りルートは「A/Dギャラリー」横のエスカレーターやSエレベーターにも利用者が流れるので、Gエレベーターが極端に混む可能性は低くなります。ちなみにSエレベーターはB4までつながり、駐車場P2に直結します。車利用で「森美術館」に直行したい場合は、P2の利用が便利です。

六本木ヒルズ~森美術館

人気企画は週末混みます。混雑を上手に避けて、車椅子で森美術館を楽しんでください。