車椅子で行く 松戸市立博物館 バリアフリー情報

車椅子で行く 松戸市立博物館 バリアフリー情報

千葉県松戸市の「松戸市立博物館」は、障害者専用駐車場があり、スロープが整備された、車椅子で利用できる施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年11月の取材に基づいています。

○アクセスは車

「21世紀の森と広場」公園内にある「松戸市立博物館」へは、車椅子利用者は車の利用が便利です。「21世紀の森と広場」公園の駐車場は複数箇所ありますが、公園は広く、かつ公園内ルートは完全なフラットルートではありません。

松戸市立博物館

○駐車場は事前予約制

松戸市立博物館には、障害者専用駐車場があります。現地には大きな案内板が掲示されています。博物館の北側で左折進入のみ、右折不可です。

駐車場の利用は、事前連絡が推奨されています。利用日時と氏名を博物館に連絡してください。万全の態勢で迎えていただけます。

松戸市立博物館

○館内へはスロープ移動で

車椅子での専用駐車場から館内へのルートは、スロープの利用になります。やや急ですが、一般的な車椅子利用者なら通行可能です。

通用門から館内へ。手動ドアですが、スタッフが開閉します。この箇所に小さな段差があるので注意してください。

松戸市立博物館

○障害者減免あり

通用門から館内を進み1F受付へ。有料の博物館ですが、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。

有料の企画展も、同様に減免されます。

松戸市立博物館

○1Fは企画展示室

博物館の展示フロアは1Fと2Fの2フロア。1Fは企画展示室。2Fが常設展示室です。障害者用トイレは両フロアに用意されています。

松戸市立博物館

松戸市立博物館

企画展示室は、1Fとはいうものの、実際は半地下部にあります。健常者は階段ルートで。車椅子利用者はスロープルートに案内されます。

展示室内部はフラット構造で、車椅子での利用に問題はありません。

松戸市立博物館

○2Fへもスロープで

2F常設展示室へは、健常者も1Fからスロープルートです。長く緩やかなスロープを上がり常設展示室へ入ります。

松戸市立博物館

常設展示室を見終ってからの2Fから1Fへの帰りルートは、エレベーターの利用になります。

松戸市立博物館

○常盤平団地内へは昇降機で

常設展示室内はフラットでバリアフリーです。車椅子で見学が出来ない展示はありません。

松戸市立博物館

松戸市立博物館

松戸市立博物館

ゾーン7の「都市へのあゆみ」の展示で、昭和30年代の「常盤平団地」を再現したセットがあります。このお部屋へは、車椅子は昇降機の利用になります。スタッフに操作を依頼してください。

松戸市立博物館

○縄文の森は梯子あり

縄文時代の竪穴住居を再現した野外展示「縄文の森」があります。中に入ることが出来る展示ですが、入口は梯子で車椅子での利用は出来ません。

松戸市立博物館

1993年に開館した博物館ですが、スロープルートがあり館内はバリアフリーです。松戸市立博物館は車椅子で利用できます。