福祉施設製品の専門店 吉祥寺「マジェルカ」バリアフリー情報

福祉施設製品の専門店 吉祥寺「マジェルカ」バリアフリー情報

東京都武蔵野市吉祥寺の「マジェルカ」は、「障がいのある方々が作る雑貨専門のセレクトショップ」です。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2016年10月の取材で初稿を執筆し、2019年11月に加筆修正しました。

 

○ショップの歴史

2011年に西荻窪で開業されました。

2014年7月、吉祥寺に増床移転。

現在ではネットショップも開業されています。

 

○車椅子でのアクセス方法

ショップは「吉祥寺中通り」にあります。吉祥寺駅から徒歩8分の案内です。来店者用の駐車場はありません。

個性的なお店が続々と出店している吉祥寺中通り。商業ゾーンが西に向かって伸びています。ショップがある場所は、吉祥寺中通りの西側、三鷹よりです。

駅からショップまではフラットな舗装路なので、車椅子での移動は可能です。

 

○ショップのバリアフリー状況

ショップは路面店です。

出入口はスロープですが小さな段差があります。

ドアは手動で開閉式です。

店内の通路は車椅子で移動できる幅は確保されていますが、快適に回遊するほどのスペース的な余裕はありません。混雑すると、車椅子での店内移動は苦戦します。

地階は有料で貸し出すレンタルギャラリーになっています。エレベーターはなく階段のみです。

 

○商品の魅力

全国の障がいのある人が働く福祉施設で製作された、魅力ある雑貨を仕入れて販売されています。

商品は多種多彩。一つ一つが手作りなので、訪れるたびに違う商品に出会えます。逆に言えば、この前あった商品があるとは限りません。

例えば、バッグ類やTシャツなどのファッション系の商品。かなり目立つ個性派デザインもありますが、そうでもない無難なデザインの商品もあります。何があるのか、行ってみないと解らないのが魅力です。

「マジェルカ」の商品は、一つしかない手仕事品です。好き嫌い、買うか買わないかは別にして、見て面白い商品であることは間違いありません。来店客の多い人気ショップです。

 

吉祥寺「マジェルカ」は、混雑すると車椅子では苦戦するスペースですが、魅力的な商品が並ぶ楽しいショップです。