再生した池を楽しむ 吉祥寺井の頭公園 バリアフリールート案内

再生した池を楽しむ 吉祥寺井の頭公園 バリアフリールート案内

東京吉祥寺の「井の頭恩賜公園」では、「かいぼり」による自然再生の取り組みが行われています。しかし公園の開園は大正6年で、バリアフリーではありません。車椅子で「井の頭池」を散策するルートについて詳しく紹介します。

なお本稿は2019年7月に執筆しました。

井の頭恩賜公園

○吉祥寺駅方面からのバリアフリールート

吉祥寺駅南口方面から井の頭公園へアクセスする場合、「七井橋通り」他、一般的な直進ルートを進むと、車椅子では通行が難しい段差路、傾斜路、段差の中央部だけをスロープ化した道などがあります。ベービーカーならなんとか通過できますが、車椅子では避けた方が無難です。

車椅子では迂回して「吉祥寺通り」の歩道を「井の頭文化園前」方面へ進みます。進行方向左側の歩道を利用して下さい。

「公園入口」から「井の頭池」方面へ左折するルートがあります。傾斜があり、一部スロープが狭いルートです。力強い人なら車椅子で通行できます。

「井の頭文化園前」付近まで来ると、「井の頭池」方面へ車椅子で左折できるルートが現れ始めます。

最初は「井の頭自然文化園水生物園」へ向かうスロープ傾斜路です。この傾斜が通行できるならバリアフリー最短ルートです。

さらに進むと、ほぼ平坦な左折ルートが現れますが、路面が一部未舗装になります。

駅方面からアクセスする場合は、迂回して「吉祥寺通り」を進み、自分の体力で通行できる道を見つけて井の頭公園内へ進みます。

吉祥寺駅方面からのバリアフリールート

○井の頭公園駐車場からのバリアフリールート

井の頭公園には第一と第二の2つの駐車場があります。都立の駐車場なので障害者手帳の提示で駐車料金は無料に減免されます。

駐車場は、好天の休日などはすぐに満車になります。右折入庫は不可、満車時の路上待ちも原則出来ません。

第一駐車場は「井の頭文化園前」の先の「万助橋」の近く。第一駐車場からは「井の頭通り」を吉祥寺駅方面に戻りながら、「吉祥寺駅方面からのバリアフリールート」と同じ要領で自分にあった公園への道を探します。

第二駐車場は「三鷹の森ジブリ美術館」の隣です。「井の頭池」までは1kmほどの距離になります。

第二駐車場からは「井の頭公園西園」内を通ると直線的なルートですが、途中で未舗装路になり、車椅子での通行に苦労するデコボコ路になります。無理をして進んでも、その先が段差路になるルートもあります。

裏道に不案内な方は、第二駐車場からも「吉祥寺通り」を駅方面に進み、第一駐車場まで戻り、更にその先の公園への道を通行してください。

井の頭公園駐車場からのバリアフリールート

○井の頭公園駅からのバリアフリールート

京王井の頭線で吉祥寺駅の隣が「井の頭公園駅」です。「井の頭公園駅」はスロープまたはエレベーターで、上下線いずれのホームも車椅子で利用できます。

駅は井の頭公園の東端にあり、「井の頭池」方面へほぼフラットなルートで移動できます。

車椅子利用者の場合、吉祥寺駅から一駅電車に乗って「井の頭公園駅」から、「井の頭池」へ向かうルートも検討の余地があります。

井の頭公園駅からのバリアフリールート

○井の頭池の散策ルート

池の周囲が散策コースになっています。しかし、必ずしもバリアフリーではありません。

車椅子通行しやすいのは「井の頭池」北側の「野外ステージ」附近です。そこから

「七井橋」附近までは、池の脇がフラットで舗装された散策路になります。

「野外ステージ」附近から「井の頭公園駅」へ進むと、一般的な池の周回ルートでは「ひょうたん橋」を渡り池の南側に移動します。この橋は傾斜があり、車椅子で通行できるかはその人次第です。また池の南側は荒れた路面の散策路になり、通行は可能ですが車椅子での移動は快適ではありません。

井の頭池の散策ルート

○「井の頭池」を楽しむ一番楽なバリアフリールート

どのルートを選んでも一長一短はあります。傾斜や段差および未舗装悪路を極力避けて「井の頭池」を楽しむ、という条件であれば「井の頭公園駅」から「井の頭池」北側を「七井橋」附近まで散策するルートです。

井の頭池」を楽しむ一番楽なバリアフリールート

3回の「かいぼり」で自然再生された井の頭公園は、ルートを選べば車椅子で散策できます。