車椅子で行く箱根ラリック美術館 バリアフリー情報

箱根ラリック美術館 バリアフリー情報

自然とアートが調和した「箱根ラリック美術館」は、車椅子で行くとどうなのか。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年9月の取材に基づいています。

○無料駐車場有り

場所は箱根仙石原。アクセスは車が便利です。無料駐車場は第一と第二の2か所。第一駐車場は施設入口の目の前。第一駐車場が満車時に利用する第二駐車場は少し離れた場所ですが、車椅子での移動に大きな問題はありません。

箱根ラリック美術館 バリアフリー情報

○無料エリアも楽しい

箱根ラリック美術館は、レストラン、ショップ、ガーデン、そしてミュージアムで構成される施設。入館料がかかるのはミュージアムだけで、他の施設は入館無料です。

第一駐車場から施設内へ。正面玄関の左手がレストランで、その前面にガーデンが広がります。右手がショップで、ミュージアムはその奥、玄関からは見えない場所にあります。

箱根ラリック美術館 バリアフリー情報

○レストランはバリアフリー

素敵な景色を楽しみながら食事が出来るレストランはバリアフリー。テラス席も車椅子で利用できます。箱根観光を満喫できる素敵なグルメ店です。モーニングメニュー、カフェメニューあり。ディナー営業はありません。

箱根ラリック美術館 バリアフリー情報

○ショップ内は中央部に段差あり

お洒落な雑貨が並ぶショップの入口は、正面玄関側とミュージアム側の2か所。ショップ内は中央部に段差があるので、車椅子では2か所の出入口をそれぞれ利用します。出入口のドアは自動ドアです。

障害者用トイレは、正面玄関側から入館したショップの手前にあります。とても綺麗なトイレです。

箱根ラリック美術館 バリアフリー情報

○ミュージアムは障害者減免あり

ショップの奥から続く少し傾斜のある通路の先に、ミュージアムがあります。ミュージアムはバリアフリー。入館料は、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が半額に減免されます。

 

○オリエント急行は予約制

正面玄関の横の建物には、ラリックが装飾を手掛けた本物オリエント急行のサロンカーがあり、ティータイムを楽しめます。利用は当日現地での予約制です。

本物の列車なので、車椅子のままでの利用は難しい構造です。オリエント急行のサロンカーに乗車して、座席に座る必要があります。手助けがあれば利用出来る方は、予約時にスタッフに相談をしてください。

 

 

「箱根ラリック美術館」は自然とアートが調和した、箱根らしい素敵な空間を車椅子で楽しめる美術館です。