車椅子で行く箱根駅伝ミュージアム バリアフリー情報

箱根駅伝ミュージアム バリアフリー情報

箱根駅伝の往路ゴール、復路スタート地の横に建つ「箱根駅伝ミュージアム」は、車椅子で利用出来るのか。現地現場のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○前庭に障害者用駐車スペースあり

一般に告知されていませんが、国道1号線から入る建物正面の前庭に、障害者用の駐車スペースがあります。予約システムはなく、空いていればミュージアムスタッフに声をかけて利用します。

箱根駅伝ミュージアム バリアフリー情報

○障害者減免制度はなし

「箱根駅伝ミュージアム」は、駅伝の歴史などが学べる有料のミュージアムです。現時点では入館料の障害者減免はありません。HPなどに、100円引き券があります。

箱根駅伝ミュージアム バリアフリー情報

○ハードは古く、そして狭いミュージアム

施設建物は古く、基本構造は今どきのバリアフリー設計ではありません。車椅子で利用する出入口は、車椅子が苦戦するタイプの手動ドア。障害者用トイレはありません。

絶対的なスペースが狭いミュージアムです。車椅子での見学は可能ですが、狭い空間をくるくる回るような動線です。

箱根駅伝ミュージアム バリアフリー情報

○駅伝ファン必見の展示

ミュージアムでは、大会の歴史を写真で振り返る展示、エピソードや各種データを知る展示、そして次回シード校のユニフォームとタスキの展示などがあります。

 

○ショップは無料エリア

ミュージアムショップは無料エリアです。ショップも狭い。しかし販売されているのは珍しい箱根駅伝グッズばかり。車椅子で移動するにはやや狭い通路ですが、立ち寄る価値はあります。

 

○周辺にはモニュメント

「箱根駅伝ミュージアム」のすぐ横は、往路ゴール、復路スタート地。お正月にTVで箱根駅伝を見ているファンの方には、見慣れた景観の地、記念撮影ポイントです。

周辺にはモニュメントがあります。国道1号線を渡った先の「駅伝広場」には、石碑があります。駅伝の記念碑は、芦ノ湖方面に100mほど進んだ場所にあります。

箱根駅伝ミュージアム バリアフリー情報

 

「箱根駅伝ミュージアム」は小さな記念館なので、車椅子では通路がやや狭く、且つ障害者用トイレはありません。しかし障害者用駐車スペースの用意はあり、車椅子では移動が無理な決定的な段差はありません。