旧新橋停車場 鉄道歴史展示室 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

旧新橋停車場 鉄道歴史展示室 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

汐留シティセンターに隣接して建つ、1872年に開業した駅舎の外観を、当時と同じ位置に忠実に再現した施設です。展示室は入場無料。展示のすべてを見ることは出来ませんが、車椅子で入場可能です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

旧新橋停車場 鉄道歴史展示室

〇旧新橋停車場とは

「旧新橋停車場」は、汐留地区の再開発によって2003年に誕生しました。プラットフォームや軌道も部分的ですが再現されています。鮮明な写真、信頼性の高い資料が残っていたおかげで、間違いのない再現ができたそうです。

1914年に東京駅が新設されて、現在の新橋駅も誕生。「旧新橋停車場」は汐留駅に改称されて貨物専用駅に転換。関東大震災で旧駅舎が焼失。最終的には、1986年に汐留駅は完全に廃止されました。

建物内にある「鉄道歴史展示室」は、公益財団法人東日本鉄道文化財団が運営している小さな展示室です。また1Fは銀座ライオンが入店しています。

旧新橋停車場 鉄道歴史展示室

〇車椅子での入館方法

展示室への入館入口は階段です。建物横にスロープがあります。このスロープを上がり、いったん銀座ライオンに入店して展示室へまわります。

展示室は2フロア構造です。

旧新橋停車場 鉄道歴史展示室

〇エレベーターで2Fへ

見学順は2Fからです。エレベーターで上がります。

2Fはほとんどが企画展の展示スペースです。他に常設展示品は、往時の写真、汐留の出土品、旧新橋停車場の再現ジオラマなどがあります。

通常の見学ルートは、階段で1Fへ下りながらその横にある展示物を見学します。車椅子ではここは見学できません。

1Fにはほとんど展示スペースはありません。「駅舎基礎石積み見学窓」から「旧新橋停車場」の遺構をみることができます。

旧新橋停車場 鉄道歴史展示室

旧新橋停車場の鉄道歴史展示室は、外観から想像するよりも小さな展示室です。スロープとエレベーターを利用して、車椅子で2F展示室の見学ができます。

(本稿は2020年5月に執筆しました)