大田原 芭蕉の里くろばね紫陽花まつり2019 バリアフリー情報

大田原 芭蕉の里くろばね紫陽花まつり2019 バリアフリー情報

栃木県大田原市黒羽地区の「くろばね紫陽花まつり」は、アップダウンが激しい黒羽城址公園が会場ですが、車椅子で見学が出来るように障害者用の駐車場が用意されています。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

くろばね紫陽花まつり2019は、6月15日から7月7日の開催です。

○会場全体概要と車椅子見学可能エリア

黒羽城は戦国時代に築城された那須野ヶ原最大規模の山城です。その城址が公園となり紫陽花が植栽されています。

紫陽花の見どころ3エリアあります。

この内、「芭蕉公園エリア」と「芭蕉の広場エリア」は、山城の傾斜地で車椅子での散策は出来ません。

メイン会場である「城址公園エリア」に障害者用駐車場が用意されています。本稿では「城址公園エリア」に絞って、「くろばね紫陽花まつり」の車椅子での見学ルートを紹介します。

会場全体概要と車椅子見学可能エリア

○障害者用駐車場へのアクセス

会場へのアクセスは車です。障害者用駐車場へ向かうには「黒羽体育館」を目指します。

紫陽花まつりの会場周辺には複数の無料駐車場が用意されています。また誘導スタッフがいるので、障害者用駐車場の場所を教えていただくことができます。

障害者用駐車場は「黒羽体育館」の横から「城址公園」に向かう道に入ります。その先右手の「黒羽体育館」の裏側に一般駐車場があります。

障害者用駐車場は左手の一般車両通行禁止の細い上り坂を進みます。すると広い駐車場があり、障害者用駐車スペースが3台分用意されています。スタッフがいる場合は、誘導を受けてください。

障害者用駐車場へのアクセス

○本丸跡まであと少し

紫陽花が群生する城址公園は、黒羽城の本丸跡です。一般駐車場からだと、きつい上り坂を進みますが、障害者用駐車場を利用すれば城址公園黒羽城本丸跡まで、ほんの少しの上り坂を車椅子で進めば到着します。

本丸跡には「文化伝承館ステージ」があり、「くろばね紫陽花まつり」期間中、イベントが開催されます。

本丸跡まであと少し

○周囲の高台は段差の上

城址公園黒羽城本丸跡の中央部はほぼフラットな広場です。車椅子で紫陽花を鑑賞することが出来ます。

本丸跡まであと少し

フラットな広場を囲むように、一段高い周回路があります。ここは段差の上で車椅子では行くことが出来ません。

周囲の高台は段差の上

周囲の高台は段差の上

○一般駐車場から低地を散策する

「黒羽体育館」から「芭蕉の広場」の中間地点に、大きな一般駐車場があり、障害者駐車区画が用意されています。

一般駐車場から低地を散策する

ここは山城の麓にあたる低地部。この駐車場に停めて、車椅子では無理のない範囲で散策しながら、山の傾斜地の紫陽花を下から鑑賞することができます。

一般駐車場から低地を散策する

「くろばね紫陽花まつり」は山城の城址公園が会場ですが、車椅子利用者の来場を考えた障害者用駐車場の用意があります。

なお近隣の「芭蕉の館」と「大雄寺」のバリアフリー情報は、別稿で紹介します。