重文指定の茅葺建築に車椅子でお参り 黒羽山大雄寺 バリアフリー情報

重文指定の茅葺建築に車椅子でお参り 黒羽山大雄寺 バリアフリー情報

栃木県大田原市の「黒羽山大雄寺」は、600年以上の歴史がある禅寺です。7つの茅葺建築物があり、国の重要文化財指定を受けています。

山寺なので車椅子でのお参りは簡単ではありませんが、最低限のバリアフリー対応はあります。現地の状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年7月の取材に基づいています。

 

○車椅子利用者専用駐車場あり

アクセスは車が便利です。参拝者用の一般無料駐車場はお寺のある山の下にあります。そこから階段の参道か、舗装された急坂を上り大雄寺に向かうのが一般ルートです。

この急坂は車椅子では苦労します。お寺への道は一般車両通行禁止ですが、車椅子利用者は通行できます。そして門前に2台分ほどのスペースがある、障害者専用駐車場があります。

車椅子利用者専用駐車場あり

○障害者専用駐車場から境内へ

障害者専用駐車場から、舗装された坂道を少し上がります。左手に「総門」があり、段差解消木製スロープが設置されていますが、快適に移動出来るスロープではありません。かなり力を入れて、ガタゴトしながら車椅子でスロープを通過します。

「総門」は茅葺で国の重文指定を受けています。

障害者専用駐車場から境内へ

○茅葺の回廊を行く

境内の周回は「茅葺の回廊」が巡ります。この回廊も国の重文指定を受けています。

茅葺の回廊を行く

回廊の下の道は、古民家の土間のような状況です。堅く踏みしめられた土の道で、デコボコが多々ありますが、車椅子で通行できないことはありません。

茅葺の回廊を行く

「総門」からみて左回りに行くと段差があります。車椅子では右回りに進みます。途中にまた段差解消木製スロープがあるので、力を入れて車椅子で乗り越えます。

茅葺の回廊を行く

その先本堂まで、土間のような土の路面が続きます。快適ではありませんが、頑張れば本堂の前まで車椅子で行くことが出来ます。

茅葺の回廊を行く

○境内は車椅子通行不可

健常者の参拝ルートは「総門」から境内の中央部を通り本堂へ向かいます。回廊の内側の境内中央部は、車椅子では通行できない段差構造です。車椅子では回廊から境内を観る参拝になります。

境内は車椅子通行不可

境内は車椅子通行不可

○本堂の茅葺は壮観

茅葺の最大の建造物は本堂です。国の重文指定を受けている大伽藍。ご本尊は釈迦如来像です。

本堂の茅葺を眺めるなら、車椅子では「総門」付近からがベストです。

本堂の茅葺は壮観

「黒羽山大雄寺」は、黒羽藩主大関家累代の墓所がある菩提寺です。周囲には歴史のある史跡が多々ありますが、車椅子での見学は難しい悪路を通ります。「総門」から茅葺の回廊周辺の参拝までが、車椅子での限界です。

 

○障害者用トイレ有り

「東司(とうす)」とよばれる独立棟がトイレです。回廊の外側「総門」の左手にあり、障害者用トイレが用意されています。

障害者用トイレ有り

○関係者用駐車場に現代アートあり

障害者専用駐車場の少し下に、関係者用駐車場があります。ここに屋外展示の現代アート作品があります。

関係者用駐車場に現代アートあり

「黒羽山大雄寺」は茅葺の建築物が見ごたえのある古刹です。ただし車椅子ではかなり無理をする参拝になります。体力に応じての参拝を心掛けて下さい。