おくのほそ道を訪ねる 黒羽芭蕉の館 バリアフリー情報

おくのほそ道を訪ねる 黒羽芭蕉の館 バリアフリー情報

栃木県大田原市の「黒羽芭蕉の館」は、黒羽城址公園の三の丸跡に造られた、アップダウンがある旧山城の中の施設です。身体障害者専用の駐車スペースがあり、そこを利用すれば車椅子で見学が可能です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年7月の取材に基づいています。

 

○黒羽と芭蕉

芭蕉は「おくのほそ道」の旅の中で黒羽に立ち寄り、13泊14日間滞在しました。その史実にちなんだ施設です。

 

○一般駐車場からは急坂を上る

戦国時代に築城された黒羽城は山城です。「黒羽芭蕉の館」は山の上に建つ施設です。

一般来館者用の無料駐車場は山の下にあり、そこから急坂を上り「黒羽芭蕉の館」へ向かいます。車椅子では登坂が困難な傾斜がある坂道です。

「黒羽芭蕉の館」へ上がる車道は一般車両通行禁止ですが、車椅子利用者の車両だけは通行可で、1台分障害者用駐車区画が用意されています。

坂の途中の「黒羽芭蕉の館」に向かう最短距離の場所に駐車区画があります。

一般駐車場からは急坂を上る

○障害者用駐車区画から「黒羽芭蕉の館」へ

1台分の駐車区画に車を停めます。そこから、小さな段差と少しの傾斜がある道を通り、「黒羽芭蕉の館」入口に向かいます。

快適なバリアフリー路面ではありませんが、車椅子でなんとか通行できるルートです。

障害者用駐車区画から「黒羽芭蕉の館」へ

○スロープで館内へ

「黒羽芭蕉の館」入口へはスロープで上ります。

有料の施設ですが、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。入口にある受付で入館手続きを行います。

スロープで館内へ

○館内はバリアフリー

「黒羽芭蕉の館」の館内は、フラット構造で通路幅は広く、車椅子から見やすい展示です。

館内に障害者用トイレの用意があります。介護者がいるとスペースは少し狭いトイレですが、設備は綺麗です。

 

○芭蕉だけではない展示物

入館すると「おくのほそ道」や「芭蕉」をテーマにした展示から始まります。

次は黒羽城主の大関家に関する展示「大関記念室」。そして名誉町民高瀬青山氏が寄贈した本のコレクション「青山文庫」の展示。最後に大関家伝来の甲冑や刀剣を飾る「特別展示室」があります。

いずれも車椅子での観覧に問題はありません。

 

○出口は段差路

一般見学ルートは最後に「特別展示室」をみて、その近くにある出口から退館します。この出口は段差でスロープがありません。車椅子では入口に戻りスロープで退館します。

出口は段差路

「黒羽芭蕉の館」は、通常のアクセスルートでは車椅子での利用は苦労します。障害者用駐車区画を利用出来れば、それほどの苦労はなく入館できます。そして館内はバリアフリーです。