栃木の道の駅きつれがわ 車椅子バリアフリー情報

栃木の道の駅きつれがわ 車椅子バリアフリー情報

栃木県さくら市の「道の駅きつれがわ」は、古さと新しさが混在する施設です。車椅子からみた現地のバリアフリー情報を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年2が月の取材に基づいています。

 

○障害者用駐車区画は古い施設

「道の駅きつれがわ」は2001年に供用が開始された道の駅。日帰り温泉施設がある大型施設で集客力があります。

道の駅きつれがわ

駐車場は大きく3つのエリアに分かれ、その内の2エリアに障害者用駐車区画が計4台分用意されています。駐車場は開業以来大きな改修は行われていません。障害者用駐車区画は一般駐車区画と同じエリアの設計で、そこから車道を渡って施設に向かう構造です。

道の駅きつれがわ

○段差がある箇所が残る

施設は日帰り温泉が入る「本館」と、ショップが入る「新館」があります。施設周辺は車椅子で移動可能ですが、一部段差や小さなデコボコがある箇所があるので、車椅子では慎重にルートを選んでください。

道の駅きつれがわ

○障害者用トイレは3カ所

トイレは独立棟と本館、新館内にあり、いずれも障害者用が用意されています。新館内のトイレが新しく、とても綺麗です。

道の駅きつれがわ

○新館は最先端のショップ

以前は車椅子で利用しにくいショップや売店が並んでいました。2017年にそれらを建て直して開業した「新館」はバリアフリー施設です。

道の駅きつれがわ

内装は綺麗で演出上の工夫があり、通路幅は広く、什器はお洒落。フードコートは小規模ながら、車椅子で通行できる通路幅が確保されています。

人気施設なので極端に混雑することがあり、それが車椅子利用上の唯一の問題です。

道の駅きつれがわ

○大正ロマン、大正モダン

「新館」開業と同時に「大正ロマン、大正モダン」が施設のコンセプトになりました。さくら市は「野口雨情」と縁があり、商店街には古い建物が残り、里山がある。「新館」内は「大正」をテーマに演出されています。

道の駅きつれがわ

道の駅きつれがわ

「道の駅きつれがわ」は、「新館」は最先端のバリアフリー施設です。その一方、駐車場など施設の一部はバリアフリーレベルが昔のまま。古さと新しさが混在する道の駅です。