東京ミッドタウン日比谷「超ふつうじゃない2020展」バリアフリー情報

東京ミッドタウン日比谷「超ふつうじゃない2020展」バリアフリー情報

「超ふつうじゃない2020展」。日比谷ステップ広場での開催期間は2019年8月8日から25日までです。体験型のスポーツイベントなので、車椅子のままで参加できる企画はほとんどありませんが、車椅子から見るだけでも楽しい無料のイベントです。会場全体の状況や主な企画を紹介します。

 

○ステップ広場周辺のバリアフリー状況

「超ふつうじゃない2020展」は、階段を利用した企画展示はありません。1Fのフラットな広場スペースで開催されています。

東京ミッドタウン日比谷はバリアフリー施設です。地下鉄駅から、地下駐車場から、車椅子でのアクセスに大きな問題はありません。

 

ステップ広場周辺のバリアフリー状況

○泳ぐのは「ジャナイくん」

一番の写真撮影ポイントは「ジャナイくん」正面です。現地では、イベントのレギュラー選手と紹介されています。

泳ぐのは「ジャナイくん」

泳ぐのは「ジャナイくん」

○子供に人気は「クライミングポスト」

小学校低学年くらいの子供に大人気なのは、4mの郵便ポストに登ってカードを投函する「クライミングポスト」。特に女子の参加が目立ち、子供用ルートを次々に攻略しています。

子供に人気は「クライミングポスト」

○フェンシングはポーズを決める

実際に体を使う企画が多い中、フェンシングとウェイトリフティングは、ポーズを決めて写真を撮る企画です。特にフェンシングは、車椅子のままでもポーズを決められます。

フェンシングはポーズを決める

○偉業を達成した人数が掲示

ジャンプ力、力技、肺活量など、「ふつうじゃない」レベルに挑戦する企画で、その時点までに目標を達成した人数が掲示されています。0人の企画はありません。「ふつうじゃない」ことが出来る人が来場しています。

偉業を達成した人数が掲示

偉業を達成した人数が掲示

偉業を達成した人数が掲示

ジャンプ力、力技、肺活量など、「ふつうじゃない」レベルに挑戦する企画

ジャンプ力、力技、肺活量など、「ふつうじゃない」レベルに挑戦する企画

暑い8月の企画。会場は屋外です。ステップ広場はビルの日陰になる時間帯が多い場所ですが、暑さには注意してください。