令和元年の「はっきょいKITTE」バリアフリー情報

令和元年の「はっきょいKITTE」バリアフリー情報

東京都千代田区丸の内、東京駅前のKITTEのイベント「はっきょいKITTE」。令和元年は8月13日から25日まで。最終日の25日は「大相撲KITTE場所」が開催されます。

「はっきょいKITTE」は車椅子で楽しめるイベントです。令和元年の主な企画を紹介します。

はっきょいKITTE

○グッズが充実

会場はKITTEの1F。KITTEはバリアフリー施設で、車椅子でのアクセスに大きな問題はありません。会場内もフラットで車椅子での見学は可能です。

KITTEはバリアフリー施設

毎年恒例のイベントです。昨年よりも充実しているのがグッズ販売コーナーです。木村庄之助の軍配、職人手作りの力士ペーパーウェイト、湯呑、ハンカチ、ソックスなどがワゴン販売されます。スペースに余裕があり、車椅子での品定め、買い物は可能です。

グッズが充実

○すもう撮りカメラは人気

自分の顔をお相撲さんに変える「すもう撮りカメラ」は今年も人気です。今回取材時は15分待ちという案内でした。

すもう撮りカメラは人気

○食べ物企画は「ちゃんこの量」

令和元年の大食い系食べ物企画は「ちゃんこ鍋の量」。どのような食材が一度にどれだけ使われているのか、リアルな展示です。鍋の横にあるフォトブックには、実際に調理をしている写真などが納まっています。

食べ物企画は「ちゃんこの量」

○手足の展示

力士の手と足の模型は今年も展示されています。大きさというよりも、鍛えられた形に注目です。

手足の展示

○くじは3千円のレシートで

おみくじ「SUMOMIKUJI」は、KITTEの利用3千円以上で参加できます。

くじは3千円のレシートで

○大相撲KITTE場所の混雑

最終日の大相撲KITTE場所は例年混雑します。1Fと2Fの席は事前抽選制。3F以上の自由観覧スペースは混雑して、車椅子からの観戦は苦戦します。

大相撲KITTE場所の混雑

「はっきょいKITTE」は、大相撲KITTE場所観戦以外、車椅子で参加できます。