比叡山延暦寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

比叡山延暦寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

車椅子での比叡山の巡拝は困難です。一般的な車椅子利用者で、主な施設で近づけるのは「東塔」の「大講堂」だけです。車椅子からみた延暦寺の概況を紹介します。

比叡山延暦寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇ドライブウェイは障害者減免あり

ロープウェイやケーブルカーを利用して、バスと徒歩でアクセスするのは、それだけで大変です。車椅子利用者は車でのアクセスをお薦めします。

比叡山ドライブウェイ及び奥比叡ドライブウェイは、通行料金の障害者減免制度があり、料金所で障害者手帳を提示する半額に減免されます。

各地域にあるドライブウェイの駐車場には、障害者用駐車区画が用意されています。

比叡山延暦寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇巡拝料も障害者減免あり

延暦寺の施設に入るには巡拝料が必要です。東塔、西棟、横川のそれぞれの地域に「巡拝受付」があり、料金を支払います。巡拝料は3地域共通券の料金です。

この巡拝料は障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。

比叡山延暦寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇東塔の国宝館は車椅子不可

国宝館はエントランスまで段差回避スロープがありますが、靴を脱いで観覧する施設で、展示室は2F、エレベーターはなく階段で移動します。また館内にトイレはありません。

観覧料金は巡拝料とは別途に必要で、障害者減免制度はありません。

国宝館は車椅子では利用できません。

比叡山延暦寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇東塔の車椅子移動可能な範囲

アップダウンが激しく、また階段路が多々あります。一般的な車椅子利用者の場合、駐車場から「大講堂」および「鐘楼」の周囲までが、車椅子での移動範囲の限界です。ここまでも傾斜路を通行します。

比叡山延暦寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

「鐘楼」は有料で鐘を突くことが出来ますが、段差構造のため車椅子では出来ません。

比叡山延暦寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

もの凄い急坂を通行できる人は「根本中堂」まで行くことができます。

比叡山延暦寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇西塔、横川の車椅子移動可能な範囲

西塔地域は、駐車場から「常行堂」「法華堂」までが、相当な無理をしての限界です。一般的な車椅子利用者にはお薦めできない傾斜路です。

横川地域は傾斜がもの凄く、車椅子での移動は無理です。車椅子での巡拝はお薦めしません。

比叡山延暦寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

比叡山は、ドライブウェイは半額、巡拝料金は全額、障害者減免になりますが、車椅子での巡拝は、かなりの困難を伴います。無理はしないことをお薦めします。

(本稿は2020年3月の取材に基づいています)