比叡山延暦寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

車椅子での比叡山の巡拝は困難です。一般的な車椅子利用者で、主な施設で近づけるのは「東塔」の「大講堂」だけです。車椅子からみた延暦寺の概況を紹介します。

比叡山延暦寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

ロープウェイやケーブルカーを利用して、バスと徒歩でアクセスするのは、それだけで大変です。車椅子利用者は車でのアクセスをお薦めします。

比叡山ドライブウェイ及び奥比叡ドライブウェイは、通行料金の障がい者減免制度があり、料金所で障害者手帳等を提示すると半額に減免されます。

各地域にあるドライブウェイの駐車場には、身障者用駐車区画が用意されています。

比叡山延暦寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

延暦寺の施設に入るには巡拝料が必要です。東塔、西棟、横川のそれぞれの地域に「巡拝受付」があり、料金を支払います。巡拝料は3地域共通券の料金です。

この巡拝料は障がい者減免制度があり、障害者手帳等の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。

比叡山延暦寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

東塔の国宝館はエントランスまで段差回避スロープがありますが、靴を脱いで観覧する施設で、展示室は2F、エレベーターはなく階段で移動します。また館内にトイレはありません。観覧料金は巡拝料とは別途に必要で、障がい者減免制度はありません。国宝館は車椅子では利用できません。

比叡山延暦寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

東塔の車椅子での移動可能な範囲です。アップダウンが激しく、また階段路が多々あります。一般的な車椅子利用者の場合、駐車場から「大講堂」および「鐘楼」の周囲までが、車椅子での移動範囲の限界です。ここまでも傾斜路を通行します。

比叡山延暦寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

「鐘楼」は有料で鐘を突くことが出来ますが、段差構造のため車椅子では出来ません。

比叡山延暦寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

もの凄い急坂を通行できる人は「根本中堂」まで行くことができます。

比叡山延暦寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

西塔と横川の車椅子での移動可能な範囲です。西塔地域は、駐車場から「常行堂」「法華堂」までが、相当な無理をしての限界です。一般的な車椅子利用者にはお薦めできない傾斜路です。

横川地域は傾斜が激しく車椅子での移動は無理です。車椅子での巡拝はお薦めしません。

比叡山延暦寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

比叡山は、ドライブウェイは半額、巡拝料金は全額、障がい者は減免になりますが、車椅子での巡拝は、かなりの困難を伴います。無理はしないことをお薦めします。

「高野山」は車椅子でお参りができます。詳しいバリアフリー情報を別稿で紹介しているので、ご参照ください。

(本稿は2020年3月の取材に基づいています)

大津SA下り パヴァリエ びわ湖大津 車椅子バリアフリー情報

NEXCO西日本では3カ所のサービスエリアを「PAVARIE」ブランドにしています。その中の一つが名神高速道路の大津SA下り線「パヴァリエ びわ湖大津」です。開業は2013年。SAなので施設の基本的なバリアフリー状況に問題はありません。

パヴァリエ びわ湖大津は、車椅子で琵琶湖の眺望を楽しめるSAです。展望施設のバリアフリー状況を紹介します。

大津SA下り パヴァリエ びわ湖大津 車椅子バリアフリー情報

「パヴァリエ びわ湖大津」は2フロアで屋上がある構造で、屋上部が3Fとされて展望デッキが用意されています。

大津SA下り パヴァリエ びわ湖大津 車椅子バリアフリー情報

1Fと3Fを結ぶエレベーターが1基あり、車椅子で展望デッキに上がることが出来ます。雄大な琵琶湖の広がりを楽しめる展望デッキです。

大津SA下り パヴァリエ びわ湖大津 車椅子バリアフリー情報

大津SA上り線は「パヴァリエ」ではありません。下り線のSAだけです。

大津SA下り パヴァリエ びわ湖大津 車椅子バリアフリー情報

2Fはレストランとフードコートのスペースです。屋外スペースもあります。

フードコートの琵琶湖方面の窓は、大きなガラス面で室内から琵琶湖の景観を楽しめます。

2Fフロア内はフラット構造で、通路幅は余裕があります。車椅子で利用しやすい飲食フロアです。

大津SA下り パヴァリエ びわ湖大津 車椅子バリアフリー情報

1Fはマック、サーティーワン、お土産など各種のショップが入店しています。フラットでスペースに余裕があるので、このフロアも車椅子で利用しやすい施設です。

大津SA下り パヴァリエ びわ湖大津 車椅子バリアフリー情報

大津SA下り線「パヴァリエ びわ湖大津」は、バリアフリー環境のもと、車椅子で琵琶湖の眺望を楽しめるSAです。

琵琶湖周辺の観光施設のバリアフリー情報を別稿で紹介しています。ぜひご覧ください。

(本稿は2020年3月の取材に基づいています)

琵琶湖でバリアフリーな鳥人間体験ができる 車椅子パラグライダー

専用の車椅子「パラグライダーハーネス」を使用して、障がいのある人でも安全にパラグライダーによる空中散歩が楽しめるアクティビティが始まっています。

琵琶湖でこのサービスを提供しているのは「ローカス琵琶湖Flying Adventure」。2人乗りパラグライダーのライセンスを持った、プロのインストラクターと一緒に琵琶湖の空を飛びます。

車椅子パラグライダー

車椅子型パラグライダーハーネスとは、離着陸用の3本タイヤが付いたパイプ構造の特殊車椅子で、腰回りは横にサポートパイプがある構造です。

この頑丈なフレームに、足首、太もも、腰、そして上半身をしっかりと固定させてフライトします。上肢が動かせる人なら、手はバーにつかまることもできます。

離着陸は、安全な草地に作られた琵琶湖畔のモーターパラグライダー飛行場で行います。インストラクターが背負うプロペラエンジンの推力で離陸、上昇を行います。

車椅子パラグライダー

通常の参加条件は、体重20~80kgで約20m駆け足が出来る事ですが、車椅子型パラグライダーハーネスによる体験は、体重10~70kgであれば、立位がとれない人でも条件が合えば利用可能です。

しっかりと体を固定させるので、長時間の座位保持が難しい人でも利用できる可能性があります。

また足を軽く曲げた姿勢で着座するので、下肢の緊張が強い人でもシートが姿勢にフィットすれば、体験できます。

知的な面やコミュニケーション面での障がいがある人は、車椅子に乗って地上を走る練習をする、他の人が飛ぶ様子を何度も見学するなど、その人に合った事前練習をすることで、楽しくフライトが出来る可能性があります。

車椅子パラグライダー

障がいがある人でも、その人に合った楽しみ方が出来るかもしれません。

琵琶湖の自然を楽しむアクティビティ「車椅子パラグライダー」に興味がある方は、「ローカス琵琶湖Flying Adventure」にご相談ください。

滋賀県守山市洲本町 びわ湖MPPG守山飛行場内  ローカス琵琶湖Flying  Adventure

https://www.flying-biwako.com/

Mail:ja4044p28t@gmail.com

Tel:090-4768-7037

担当:川合 健一郎様

≪生きるちから舎バリアフリーニュース 2020年1月30日付≫