東京ミッドタウン デザインハブ「第59回日本クラフト展」

東京ミッドタウン デザインハブ「第59回日本クラフト展」

会期は2020年1月6日から14日。東京都港区六本木、東京ミッドタウン内のデザインハブで開催されました。入場無料、期間中は無休です。

東京ミッドタウン デザインハブ「第59回日本クラフト展」会場には約600点の作品が展示。会場はバリアフリー仕様で、全ての作品を車椅子で鑑賞できます。

デザインハブ「第59回日本クラフト展」

様々な素材から生み出された、多様な作品が並びます。一部の作品は、実際に手にとって鑑賞することができます。

東京ミッドタウン デザインハブ「第59回日本クラフト展」

1960年から続く毎年恒例のイベント。2020年も新しい提案を楽しめました。

デザインハブ「第59回日本クラフト展」

テクニカルセミナー、ワークショップ、受賞者インタビューなどの企画もあります。

東京ミッドタウン デザインハブ「第59回日本クラフト展」

会場デザインハブへの車椅子でのルートは、地下鉄駅、地下駐車場から、B1でミッドタウンタワーに行き、エレベーターで5Fへ上るルートが便利です。

東京ミッドタウン デザインハブ「第59回日本クラフト展」

ミッドタウンタワーB1には障害者用トイレがあります。デザインハブ内にも障害者用トイレはありますが、展示会場から手動ドアを開閉して進む必用があります。

東京ミッドタウン デザインハブ「第59回日本クラフト展」

デザインハブ「第59回日本クラフト展」は、車椅子で快適に鑑賞できる展示会です。