障害者入所施設への面会制限を求める国からの事務連絡

障害者入所施設への面会制限を求める国からの事務連絡

厚生労働省から令和2年4月7日付で発信された連絡で、入所施設、居住系サービスに対して、面会の制限を行うことが明記されました。

要旨は以下になります。(原文を意訳しています)

 

・緊急でやむを得ない場合は除き、入所者への面会は制限すること

・面会者を検温し、発熱がある場合は面会を断ること

・テレビ電話などの活用を各施設で検討すること

・委託業者の施設内への立ち入りを制限すること

・施設内に立ち入った人の情報は、疫学調査を行えるように詳細に記録すること

 

また同連絡で、入所施設でのリハビリテーションについては、同時に行う人数を減らし、距離をとり、換気をして、手洗い、消毒をおこない、実施することが指示されています。

 

《生きるちから舎ニュース 2020年4月8日付》