東急バス 車椅子乗車ができるエレベーター付き車両の運行を開始

東急バス 車椅子乗車ができるエレベーター付き車両の運行を開始

2020年4月6日より、東急バスで車椅子乗車ができるエレベーター付き車両の運行が始まりました。

導入された車両は1台。運行されるのは新横浜駅と溝の口駅の直行バスです。

(写真は東急バスHPより転載させていただきました)

 

バス停でスロープ板から車内エレベーターに乗り込み、そのまま上昇して車内へ。その位置で車椅子を固定して、エレベーターの背面に付属するシートベルトを着用します。

乗車可能な車椅子のサイズは、長さ120cm、高さ109cm、幅70cm以内、積載可能重量は230kg以内です。

 

利用にあたっては以下の点にご注意ください。

・運行時刻は当日の配車状況によって異なります。

・車椅子の定員は1名で、利用は先着順です。

・エレベーターを利用した乗降には、6分~8分時間がかかります。

 

《生きるちから舎ニュース 2020年4月8日付》