国際社会の取り組み「障害者の権利」に関する国連の歴史

国連総会で「障害者権利条約」が採択されたのが2006年。日本は2014年に国連に条約の批准書を提出し、141番目の締約国になりました。これにより障害者を取り巻く環境、制度、社会的な意識は大きく変わり、現在につながっています。

第二次世界大戦後、国際社会が国連でどのような取り組みをしてきたのか。障害者の権利に係る歴史をダイジェストで紹介します。

もちろん本稿では紹介を省略した重要な条約、宣言などがほかにもあります。以下が全てではないことはご承知おきください。

また本稿では歴史的に国連採択を和訳した際に使用されてきた「障害者」という漢字表記を使用します。ご了承ください。

 

1948年「世界人権宣言」

この宣言が全ての出発点といえます。

第1条は「すべての人間は、生まれながらにして自由であり、かつ、尊厳及び権利について平等である。人間は、理性及び良心を授けられており、互いに同胞の精神をもって行動しなければならない。」

第2条は「この宣言に掲げるすべての権利と自由が、差別なく、すべての人に享受される。」

人種、性別、年齢そして障害など、すべての差別を否定する宣言です。

 

1955年「障害者の職業リハビリテーションに関する勧告」

障害者が職業訓練や雇用の機会に参加する権利に関する文書です。障害者と仕事の問題に関して原点となる勧告です。

 

1960年「教育における差別を禁止する条約」

ユネスコ第11回総会で採択されました。障害者と教育に関する最初の一歩となった条約です。

 

1971年「精神遅滞者の権利に関する宣言」

これが国連における障害者を対象とした最初の宣言です。

 

1975年「障害者の権利に関する宣言」

障害者を主体にした歴史的な宣言です。総会では無投票採択されました。

 

1976年「国際障害者年の宣言」

第1項で「1981年を国際障害者年」と宣言し、第2項で「この年(1981年)を以下を含む諸目的の実現にあてることを決定する。」とし、5年間で解決すべきテーマを定めています。

 

1981年「国際障害者年サンドバーグ宣言」

ユネスコがスペインで開催した「教育、予防、統合のための行動および方略に関する世界会議」で採択された宣言です。障害者の社会生活参加と統合教育の実施を基本方針として、具体的に進むべき方向や方法を定めています。

 

1982年「障害者に関する世界行動計画」

障害の予防やリハビリテーション、障害者の社会生活および社会の発展への参加と平等の実現を目標にした文書です。目標達成のための具体的な内容や方法を、国際的レベル、地域レベル、国内レベルで明示した内容で、具体性が高い計画書です。

また「1983年から1992年を国連・障害者の十年」と宣言し、加盟各国に「この期間を障害者に関する世界行動計画を実施する手段の一つとして活用すること」を勧告しています。

 

1989年「児童の権利に関する条約」

この条約の第23条は「障害児の権利」で、「締約国は、精神的または身体的な障害をもつ児童が、その尊厳を確保し、自立を促進し、社会への積極的な参加を容易にする条件の下で、十分かつ相応な生活を享受すべきであることを認める。」としています。

 

1993年「ウィーン宣言および行動計画」

ウィーンで開催された世界人権会議で採択されました。第22項では「障害者が社会のあらゆる面に積極的に参加することを含め、障害者への非差別、あらゆる人権の平等な享受と基本的自由を保障することに特別な注意が払われる必要がある。」としています。

 

歴史的な国際社会での取り組みが、現在の社会につながっています。

(本稿は2020年5月に執筆しました)

重度重複障がい者施設で大人気「スヌーズレン」をやさしく解説

多くの施設で専用のスヌーズレンルームが用意され、ウォーターベッド、バブルチューブなどの機器が配備されています。知的、コミュニケーション面で重い障がいのある人に係る学校、療育センター、通所入所施設などにとって、いまやスヌーズレンルームは必要不可欠な「設備」といっても過言ではありません。

「スヌーズレン」=「設備」ではない、とよく言われます。では「スヌーズレン」とは何なのか。この説明は簡単ではありません。

 

〇スヌーズレンには具体的な定義がない

一般的な手法として、専用のスヌーズレンルームを用意し、照明の色を変え、音楽が流れ、香料が漂い、ベッドやボールプールなどで寛ぐ、などが一般的です。

スヌーズレンの定義は「人間の環境を最適化」して「人と人との触れ合い」・・・、など具体性はありません。スヌーズレンの概念が創設された1970年代のオランダでは、意思疎通が困難な重度重複障がいのある人は、病院のベッドに寝かされて、白衣の看護師がケアする時代でした。もっと「人間の環境を最適化」して「人と人との触れ合い」が出来るようにしたい。これがスヌーズレンの創設理念です。

 

〇スヌーズレンの利用方法や目的に制約がない

一般に重度重複障がいのある人のリラクゼーションのために、スヌーズレンルームは利用されています。

リラクゼーションは、スヌーズレンの利用方法や目的として間違いではありません。ただし「利用法は自由である」とされていて、セラピーや感覚の発達指導などの教育、あるいは施設職員と利用者のコミュニケーションとして利用されることもあります。「利用法は自由」なので、いずれも間違いではありません。

 

〇楽しくなければスヌーズレンではない

逆説的に、これはスヌーズレンではない、という定義は想定できます。スヌーズレンは一般的なコミュニケーションが難しい重度重複障がいのある人にとっての、娯楽のようなものでなければなりません。一般的な意思疎通が難しい人の反応をよく確認して、楽しいか否かを推定して、その人にとって楽しい感覚を提供するのがスヌーズレンです。

現在の多くの施設で設けられているスヌーズレンルームの内容は、これまでの活動を通じて得られた、重い障がいのある多くの人が、楽しいと感じていると推定される、色、音、匂い、触感などのノウハウが活用されています。

 

〇利用者にとってのスヌーズレンとは

健常な支援者からみて、障がいのある利用者が楽しいと感じ、リラクゼーション効果があると推定される状況だとして、それは利用者にとってどのような意味があるのか。

重度で重複した障がいがあり、一般的なコミュニケーションが成立しない人にとっては、健常な人が思うリラクゼーション効果以上の何かがあるのかもしれません。

外部からの感覚を受け入れて、脳や各種の神経、筋肉と同期させる。あるいは指導者や支援者と、上下ではなく横並びの関係を感じる。重い障がいのある人は、リラクゼーションよりも、もっと創造的な刺激がある時間を過ごしているのかもしれません。

 

〇専用室以外でのスヌーズレン

スヌーズレンに取り組む多くの入所施設では、スヌーズレンルームに限らず、施設の様々な場所での取り組みが行われています。

自室内でプラネタリウムを投影、お風呂をお花で飾る、廊下にバブルタワーを置く。スヌーズレンの理念を、各施設は設備の配置で具体化しています。

 

〇スヌーズレンの理念

先駆的な取り組みをしている障がい者施設で、積極的に行われているのが、職員へのスヌーズレン理念の教育です。

1970年代のオランダで、入院している重複障がい者に医療行為をおこなっていた看護師は、悪いことをしていたのではありません。

特別支援学校の先生、障がい者施設の職員も同じで、食事や排泄、入浴の介助をすることは、悪いことではありません。

一般的な意思疎通が出来ない重度障がいの人も、感じて、共感して、寛ぐことが出来る。そして感覚が研ぎ澄まされる可能性がある。スヌーズレンによる取り組みは、重度重複障がいの世界で、大きな動きになっています。

(本稿は2020年5月に執筆しました)

重度で重複した障がいのある人への 想い・言葉 障害者福祉の歴史

障害児への国としての福祉の歴史は、戦後から始まります。1947年12月に「児童福祉法」が公布され、翌1948年から「肢体不自由児施設」と「精神薄弱児施設」の開設が始まりました。

しかし重度で重複した障がいのある子どもは、その後10年以上の長期間、法律と制度の狭間にいる存在で、大島分類考案者の医師大島一良氏の言葉によれば「重複障害のある児の親たちは、肢体不自由児施設に行って受診しても、精薄を伴うという理由で断られ、精薄施設に行っては、肢体不自由があることによって拒否されてしまう」状態であったそうです。

その後多くの人の努力により、重度重複した障がいのある人が「重症心身障害児」という名称で公的な福祉の対象になりました。現「島田療育センター」に対して国家予算がついた1961年が、「重症心身障害児」への国としての福祉の始まりとされています。

 

重度重複した障がいのある人のために尽力した先人や組織の「想い」や「言葉」を紹介します。

 

島田療育園初代園長 小林提樹氏

「この子は私である。あの子も私である。どんなに障害が重くても、みんなその福祉を守ってあげなければと、深く心に誓う。」

小林氏は戦後すぐから日本赤十字社で小児科医として勤務し、重度重複した障がいのある子の医療と福祉の確立に尽力されました。

 

近江学園創設者 糸賀一雄氏

「この子らを世の光に」

糸賀氏は終戦直後から戦争孤児、そして重度の知的な障がいのある子を世話し、更に医療が受けられるように尽力されました。

 

びわこ学園初代園長 岡崎英彦氏

「本人さんはどう思ってはるんやろ」

岡崎氏は近江学園の糸賀氏の活動に協力した医師です。近江学園が改組して「びわこ学園」になり、園長に就任されました。

施設は「入所施設」と「病院」なので、児童福祉法と医療法の規制を受けます。そのためこの時代は、島田療養園の小林先生や、びわこ学園の岡崎先生のように、医師が組織のトップにつく必要がありました。

 

秋津療育園初代理事長 草野熊吉氏

「あの子供たちに楽園をつくろう」

草野氏は家庭裁判所の調停委員で、障害児がいる家庭の離婚裁判に関わり、問題の大きさに心を痛め、施設を立ち上げました。

 

全国重症心身障害児(者)を守る会の基本理念

「最も弱いものをひとりももれなく守る」

1963年に発足した幅広い活動をしている団体です。

 

ねむの木学園のモットー

「やさしくね やさしくね やさしいことはつよいのよ」

宮城まり子さんが1968年に設立した学校です。

 

(本稿は2020年5月に執筆しました)