靴・中敷・杖 身体障がいをサポートするオーダーメイド装具

「装具」。一般には馴染みの無い用語ですが、身体障がいの世界ではよく使われる用語です。

身体障がいを補完する、あるいは医療的に矯正する、もしくは障がいの進行を防止するための道具、というような意味です。

義足や義手、車椅子なども装具です。

一般にはあまり知られていない、オーダーメイド装具について、以下3種類を例にしてその実際を紹介します。

・靴と靴の中敷き

装具としては別々の存在ですが、一緒に製作します。

下肢障害がある人の場合、足首から足の裏にかけて変形があることや、そもそも動きが悪いことなどがあり、市販の靴が履けません。

しかし、全く自立で立つことが出来ない人でも、靴は必要です。

オーダーメイドの靴と中敷は、医療的に必要が認められる場合は、公的助成の対象になります。

石膏で足型をとることから始まります。使用者の足の裏の形にぴったり合った中敷きが、ハンドメイドでつくられます。

靴はイージーオーダーになることが多く、基本の形をベースに、使用者の足の形に手作業で修正が加えられます。

足の変形が大きく修正では対応できない場合は、フルオーダーメイドになります。

大変高価な靴と中敷きになります。その製品次第ではありますが、おおよその目安として、最低で10万円からとご紹介しておきます。

 

・下肢補装具

一般的に解り易い固有名詞がない装具です。

靴に下肢の動きを支える「支柱」がついている装具で、膝までの短い支柱のタイプ、大腿部までのタイプ、腰まで伸びているタイプがあります。

すべて使用者のサイズに合わせたセミオーダーになります。デザイン性に富んだものは少なく、武骨なデザインの靴部から、金属剝き出しの支柱が伸びている形状が主流です。

下肢に障がいのある脳性まひの幼児に処方されることも多く、しっかり歩けない幼児がこれをつけていると、見た目に痛々しい印象を受けます。

実際問題、使用すると器具のあたり方や、そもそも無理に歩く練習をするので痛いことがあるようで、使用を嫌がっている幼児を見たことがあります。

オーダーメイドの装具ですが、使用上の快適さには限界があります。

 

・クラッチとヘッドギア

杖と保護帽の組み合わせです。

歩行の補助具のクラッチ(杖)は、握りの部分に工夫があり、上肢にも障害があっても、使いやすく、且つ事故が起こり難いようになっています。

杖の長さや握りの形状は、使用者に合せてセミオーダーされます。

また杖の下部、つまり地面との接地部分には、すべり止めのラバーが付きます。

使用して歩いていると、数か月ですべり止めのラバーが摩耗するので、多頻度のメンテナスが必要な装具です。

ヘッドギアは、クラッチ歩行で転倒した場合の衝撃を軽減するために使用されます。デザインされたものは少なく、武骨なものが主流です。

身体障害を補助する装具

身体障がいのある人は、オーダーメイドの装具を利用してリハビリに励んでいます。

障がいのある人の食事をサポートする「エジソン箸」

アイディア商品のロングセラー、エジソン箸。

2本の箸がつながっていて、指を通す輪がついているお箸です。

元々は子どものお箸の練習用に考案されました。

それが手が麻痺した大人用に転用され、福祉機器の一つに進化しました。

和食に挑戦する外人さんにも利用されています。

現在では、ものすごい種類のエジソン箸が販売されています。

右手用と左手用があり、サイズが小児用から大人用まで用意されています。

指を通す輪の位置や、輪の大きさも様々で、手の大きい人用、指が太い人用などもあります。

カラーバリエーションの設定があるシリーズもあります。

お蕎麦、ラーメン、お刺身など、フォークではなくお箸で食べたいもの。

通常のお箸の利用が難しい障がいのある多くの人が、エジソン箸を利用しています。

障害のある人とエジソン箸

利き腕に麻痺がある人は、反対の手で挑戦する価値があります。

重度の脳性麻痺で重い知的障がいもある小学生で、スプーンとフォークの利用も不完全な子が、3か月ほどの練習で何とかエジソン箸を使えるようになった事例を知っています。

指をしっかり動かす機能が弱くても、グーパーが出来れば何とかなる可能性があります。

人差し指が単独で動かせれば、人差し指一本だけを輪に通して、もう一本は残りの指全部で支えるような使い方でも、何とかなる可能性があります。

医療行為としてはOTの領域です。その人なりの持ち方や動かし方を編み出して、お箸での食事に挑戦します。

お値段は1000円前後ものが主流です。

使用方法次第ですが、麻痺のある手で、やや強引に動かす使用を続けていると、指を通す輪が切れたり外れたりすることがよくあります。

手に合ったエジソン箸をみつけたら、数本まとめ買いをしておくことをお薦めします。

身体障がいのある子の成長と特別支援学校の友達

小学生時代からよく知っている男の子、A君の実例です。

生まれつき身体に障がいがあります。特に下肢の障害が重い子で、自立歩行は出来ずに車椅子利用です。

小学校は、小中一貫の規模の小さい特別支援学校に入学しました。同級生は他に1名。平均して1学年が3人程度の規模の学校です。

A君は上肢の運動能力はあり、知的な障害は軽度な少年です。

A君の入学した学校は、重度障がいがある児童生徒が多い学校です。そのなかでA君の能力は際立っていました。

小学1年生の運動会で、上腕の力を使ってグーンと台車を押して疾走し、他の重度障がいのある子とは異次元の動きを見せ、喝采を浴びました。

A君はしゃべることができます。ただし目立つ場面の人前では、絶対に喋りたがらないタイプです。

家に電話をしたらA君が電話に出た、というようなこともあり、皆さんA君の能力に気がついてきました。

学校では内向的で、勉強面、運動面とも積極的に本来の能力を発揮することは少なく、言われるまでは黙っていることが多い子です。

中学生になると、この子は出来る、という学校側の判断で、中学部唯一の準ずる授業受講者、つまり普通校的な授業を受けるようになり、中学生レベルではありませんが、小学生の高学年レベルの授業を、先生と1対1で受けるようになりました。

そして中学部を卒業。人前ではほとんどしゃべることもなく、A君を知る人は皆、本来の潜在能力をうまく伸ばせなかった、という思いがある卒業式でした。

高校は、規模の大きな特別支援学校に入学。肢体不自由部門だけで同級生が20人ほどいます。

その中には、A君と知的な能力が同じレベルにある、同じ高校生として、話が出来る子が数人いました。初めて友達と出会えたA君です。

高校に入って最初の1学期で、A君の印象が随分変わりました。

お昼休みはいつも仲良しの車椅子3人組でおしゃべりをしています。遠くから見ていると、ゲラゲラ声を出して笑っています。小中学校ではみたことがない場面です。

高校2年生になると、一つ下の学年にも二人、同じレベルの生徒が入ってきました。この子たちとも仲良しです。授業も彼らと同じクラスで、ほぼ普通高校の授業に準ずる学習をしています。

A君高校2年の運動会。友達と一緒に自主応援団を結成して、曲に合わせて上肢で踊っていました。

身体障がいがあることで、友達との出会いが限定されるA君。良き友達との出会いによって、明るい車椅子高校生に成長しました。