感染拡大防止 重度重複障がいのある家族との日常生活の問題と対応状況

感染拡大防止 重度重複障がいのある家族との日常生活の問題と対応状況

新型コロナウイルス感染拡大により、障がいのある家族との日常の生活が大きく変わることがあり得ます。多くの家族に起こりえる問題について、2020年4月初旬時点での行政の対応方針などを紹介します。

 

〇特別支援学校の休校が長引く

一般の児童生徒と同様に「放課後等デイサービス」の利用などが推奨されています。障がいのある児童生徒に関係する、主な国の行政指針は以下になります。

・各施設の実情に応じて、通常の定員の枠を超える受け入れをしてもよい

・医療的ケア児などは、介護(高齢者福祉)施設への受け入れも含めて自治体で調整する

・各施設での看護職員不足には、休校中の特別支援学校の看護職員にも協力を要請する

 

放課後等デイサービスを利用するには、本人の医ケアの内容や、新しい環境への適用能力などが問題になります。

 

〇通所施設の職員が感染したため休業になった

受け入れ可能な近隣の施設があれば、一時的な利用が斡旋されます。しかしながら、現実的には受け入れ余力のある障がい者通所施設があり、利用者もすぐに馴染めるケースは稀かと思われます。

国から指針としては、休業になった通所施設が、居宅などに訪問サービスを行った場合にも報酬の対象に出来るとされています。いつもの通所施設に、濃厚接触者に指定されていない動けるスタッフがいる場合は、在宅サービスを利用できる可能性はあります。

 

〇感染が怖くて福祉作業所へ通勤できない

公共の交通機関などを利用して通勤している場合です。

通常時の指針では、在宅勤務は障がいの状況により、通勤が出来ない状況にある人だけが認められますが、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点からでも、在宅勤務を認める連絡が国から発信されています。

作業所が業務変更可能で、本人の環境変化対応が可能であれば、在宅勤務が成立する可能性はあります。

 

〇外出自粛でルーティンのお出かけが出来ない

行政からの指針では、通常は移動支援サービスを提供している事業者が、移動サービスの時間の短縮、あるいは在宅でのサービスを行った場合でも、サービス実績に計上できるとしています。

長期間自宅にこもりきるのは大変です。障がいの状況とルーティン化しているお出かけの内容次第ですが、感染リスクが低いコースであれば、予防に気を配り、お出かけをすることも検討の余地はあるかと思います。

特に知的、コミュニケーション面で重度の障がいがある人の場合、外出自粛が大問題になる家庭があるはずです。一律的な解決策はありませんが、感染リスクが無いお出かけ企画を実情に応じて考案するしかありません。

 

〇医ケアに必要な消毒液が手に入らない

消毒液に関しては、国から市町村に対して、医療的ケア児がいる家庭に必ず必要量を届けるように通知されています。市町村の担当窓口に相談してください。

現時点で、医療用のマスクについては行政も調達困難です。

 

〇介護をしている家族が感染してしまった

国からの指針では、障がいのある人は濃厚接触者に指定されます。そのため、家族が入院しても、ショートステイなどの利用は禁止されます。

24時間ヘルパーをつけるなど、行政と相談して何らかの手段で在宅での介護生活が継続できる体制を確保するしかありません。

 

〇障がいのある本人が感染した

感染陽性者について、障がいの有無にかかわる国の指針はありません。

2020年3月に千葉県の障害者施設で発生した集団感染の事例では、軽症の感染者は施設内に隔離して病床が作られました。これは県の判断です。重症化した人は病院へ搬送されています。

重度重複障がいのある人の闘病を、楽観的に想像できる家族がいるわけがありません。何としてでも感染させない努力をするしかありません。

 

感染拡大防止は長期戦が予測されています。重度重複障がいのある家族との生活に関わる新しい情報が入りましたら、紹介させていただきます。

《生きるちから舎ニュース 2020年4月2日》