コロナ対策 令和2年4月2日付 障害児支援施設に関する国からの連絡

コロナ対策 令和2年4月2日付 障害児支援施設に関する国からの連絡

厚生労働省から「学校の臨時休業に関連しての障害児通所支援事業所の対応について」各都道府県などに対し事務連絡が発信されました。ポイントは以下になります。(原文から意訳しています)

 

〇感染拡大警戒地域では縮小または休業

学校の一斉臨時休校が検討される地域の放課後等デイサービス事業所および児童発達支援事業所は、状況によっては通所サービスの提供を縮小する、または臨時休業を検討していただきたい。

 

そしてサービスの縮小、休業を実施した場合には以下に配慮することが記されています。

・サービスを縮小する場合、保護者が家にいることが可能な家庭には、市町村が利用を控えるように要請する。ただし各家庭の支援の必要性については十分に検討すること。

 

・障害児と保護者が安心して家にとどまることが出来るように、事業所は電話や訪問により次のような支援をおこなっていただきたい。

家庭状況、健康状況の確認、普段の通所ではできないコミュニケーション、通所をスムースに再開するためのサポート。

そしてこれらの支援を行った際の時間は、別に定める基準にのっとり報酬に加算できる。

 

・障害児と保護者のストレスが高く、緊急対応が必要な場合は、自治体と事業者で柔軟に対応していただきたい。

 

・電話や訪問、緊急対応などを実施する際には、別途に連絡している感染拡大防止策を参考に安全に万全を期していただきたい。

 

現時点の状況では、東京、大阪など都市部を中心に、障害児を支援する放課後等デイサービス事業所および児童発達支援事業所が、縮小または休業となる可能性があります。

《生きるちから舎ニュース 2020年4月3日》