障害者支援施設「北総育成園」コロナ集団感染発生時の対応事例

障害者支援施設「北総育成園」コロナ集団感染発生時の対応事例

千葉県の施設で発生した新型コロナウィルス集団感染の対応事例が厚生労働省より公表されました。感染者は、入所利用者70名の内54名、通所およびショートステイ利用者12名の内6名、職員67名の内40名。利用者の多くは重度の知的障がい者という状況です。

 

〇現地に支援対策本部を設置

最初に感染が判明したのは職員1名。その翌日に全職員と発熱がある利用者を検査したところ、集団感染が明らかになりました。

ただちに国のクラスター対策班、千葉県、県の指定医療機関で調査を実施し、対策が検討され、最初の感染者判明から4日後に施設内に対策本部が設置されました。

対策本部は県、市、保健所、医療機関で構成され、大きく4つのチームが編成されました。

「健康管理」は医療機関、県、保健所。

「資材管理」は市。

「人員調整」は県と市。

「データ化」が市と医療機関です。

また対策本部では情報共有のため、毎朝夕にミーティングが行われました。

 

〇利用者の医療方針

環境の変化に適応できない重度障がいがある利用者が多いために、以下の方針が決まりました。

・陽性でも施設内で療養する

・重症化した利用者は対策本部の医師の判断で入院を決める

・入院した利用者の症状が回復したら、施設へ再入所する

 

〇スタッフの派遣

・看護師

医療機関から検温や巡回を行う看護師が派遣されました。また「感染管理認定看護師」により、施設内のゾーイングの徹底、ガウンなどの防護具の使用方法の指導が行われました。

・職員

施設職員の過半が感染したため、市の職員と運営法人の他施設の職員が応援派遣されました。その際、市の職員は近隣の廃校に宿泊しました。

厨房を担当する職員も多数が感染したため、福祉協会の調整で近隣の施設から食事が届けられました。

 

〇終息後の取組

最初の感染者判明から約50日後に、全員の陰性が確認できたとして対策本部は終了しました。

県では、令和2年6月から9月にかけて、県内の障害者施設へ県立病院に勤務する感染管理認定看護師を派遣し、施設内のゾーニングの考え方、施設内での消毒方法や手指衛生方法、個人防護具の取扱い等について助言指導を行うことにしています。

《生きるちから舎ニュース 2020年6月18日》