千葉県立美術館 車椅子からみたバリアフリー情報

千葉県立美術館 車椅子からみたバリアフリー情報

千葉県千葉市の千葉港に建つ「千葉県立美術館」は、平屋構造で段差が無い車椅子で利用しやすい施設です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2016年10月の取材に基づいています。

千葉県立美術館

○美術館の概要

1974年に開館した美術館です。2013年から耐震補強などの改修工事を行い、2015年にリニューアルオープンしました。

約1万坪の広い敷地に、全8室の展示室が配置されています。

「千葉県立美術館」の所蔵作品は、千葉県出身の画家の作品など、千葉にゆかりのある作品がほとんどです。

「ミュージアムショップ」には、千葉に関わる商品が並びます。

 

○アクセスの状況

千葉都市モノレールの千葉みなと駅から徒歩10分の案内です。

78台収容の無料駐車場があり、障害者用駐車区画が2台分用意されています。

障害者用駐車区画は建物入口に一番近い場所にあります。車椅子マークの付いたパイロンが置かれ、さらには駐車場の誘導スタッフがいるので、健常者は停めにくい区画です。

ただし一般駐車区画を、ほぼそのまま障害者用に転用しているので、駐車スペースは広くありません。

 

○館内のバリアフリー状況

観覧料金はその企画展によって変わりますが、障害者手帳の提示で、本人と介助者1名が無料に減免されます。

エントランスから館内に入ると、すぐに受付があります。その右奥がミュージアムショップです。

エントランスから直線的に通路が伸びて、左右に展示室が並びます。

館内はフラットな構造でスペースは余裕があります。

障害者用トイレは建物奥のレストランの近くにあります。ちょっとした空間を改装して、障害者用トイレを設置しています。トイレの中はスペースの余裕があり、設備は更新されています。

 

○屋外展示の状況

千葉県立美術館の敷地内には、触って鑑賞できる「野外彫刻」が多数展示されています。駐車場の周辺、展示棟のまわり、アトリエ等の裏側などに、20体以上あります。「野外彫刻」が展示されているのは無料エリアです。

 

敷地内には他に、講堂とアトリエ3室などがある「県民アトリエ棟」、「管理棟」があります。

 

千葉県立美術館は、古い施設ながら館内に段差はありません。1万坪の余裕あるスペースに建つバリアフリー美術館です。