拡張リニューアルした千葉市美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

千葉県千葉市中央区中央にある11階建てビルの美術館です。開館25周年となる2020年に、拡張リニューアルオープンしました。展示室の状況、ビル全体のバリアフリー状況を紹介します。

千葉市美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○地下無料駐車場あり

JR千葉駅からは徒歩15分の案内です。京成千葉駅、モノレールの駅からは、もう少し近くになります。

都市立地ですが、地下2Fに無料駐車場があります。古いタイプの機械式駐車場で、大型車両は入庫できないタイプですが、障害者用の平置き駐車スペースが用意されています。駐車場スタッフに車椅子利用を申告すると、駐車許可書を発行して、誘導していただけます。

地下駐車場からは、エレベーターで段差なく美術館に上がることができます。

千葉市美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

千葉市美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○フロア構成の概要

11F構造で、市民ギャラリーやワークショップルーム、図書室などが入る複合公共施設です。

美術館来館者が一般利用できる主なフロアは、1Fが「さや堂ホール」とミュージアムショップ・カフェ、5Fが美術館常設展示室、7Fと8Fが美術館企画展示室です。11Fにはレストランが入ります。

障害者用トイレは1F、4F、5F、7F、10F、11Fに用意されます。この内、今回の取材では2カ所のトイレを確認しました。便器設備は更新されて綺麗なトイレです。ユニバーサルベッドは確認できていません。オストメイトは1Fのトイレにあります。

千葉市美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○美術館の利用方法

受付は5Fと企画展開催時は8Fも受付です。千葉市美術館の観覧料は障害者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。受付で障害者手帳を提示して、入館手続きをおこなってください。無料鑑賞券を発行していただけます。

千葉市美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

各展示室はフラット構造で車椅子での移動に問題はありません。フロア間移動はエレベーターの利用です。エレベーターは3系統各2基ありますが、フロアにより利用できない系統があります。今回取材時は、混雑することなく、車椅子で快適にエレベーターを利用できました。

各フロアの展示室入口で、無料鑑賞券をスタッフに提示して入室するルールです。

千葉市美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○展示什器の状況

今回取材時の常設展および企画展の展示は、オーソドックスな壁掛け展示が多く、車椅子で問題なく鑑賞できました。

企画展の一部で、小型の作品や資料がケース内に展示されていましたが、車椅子の目線でもなんとか見える高さのケースでした。決定的に車椅子からみえない展示ケースは、見当たりませんでした。

千葉市美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○1Fのバリアフリー状況

美術館の正面玄関は1Fです。段差解消されたエントランスがあります。

千葉市美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

千葉市美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

1Fの「さや堂ホール」は、旧川崎銀行支店の建物を保存した施設で、昭和初期の重厚な雰囲気を楽しめる空間です。ホールの内外はすべて段差解消され、車椅子での利用は可能です。イベントホールとして借りることができます。

千葉市美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

千葉市美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

千葉市美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

千葉市美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

ホールとは別に、段差解消された小さな多目的ルームがあります。今回は美術館のイベント映像が放映されていました。

千葉市美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

ミュージアムショップへも段差解消ルートがあり、車椅子で利用できます。ショップ内の通路幅は余裕があり、車椅子で利用できます。

千葉市美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

基本構造は変わりませんが、リニューアルで館内は綺麗になりました。千葉市美術館は車椅子で利用できるバリアフリー美術館です。

(本稿は2020年8月に執筆しました)

千葉ポートタワー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

千葉港に建つ「千葉ポートタワー」は、車椅子で利用できる観光施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年11月の取材に基づいています。

千葉ポートタワー 

○タワーの全体概要

高さ125mの展望タワーです。

1Fがお土産品も扱う売店と休憩スペース。そしてタワーへの入場受付。

高さ105mの2Fは、恋人の聖地「サンセットプロムナード」。

高さ109mの3Fはレストラン。

そして最上階113mの4Fが展望フロアです。

千葉ポートタワー 

○施設のバリアフリー状況

1Fのエントランス周辺はフラットな構造です。

千葉港に建つ「千葉ポートタワー」

1Fフロア内もフラット構造で、車椅子で利用できます。

千葉港に建つ「千葉ポートタワー」

千葉港に建つ「千葉ポートタワー」

千葉港に建つ「千葉ポートタワー」

千葉港に建つ「千葉ポートタワー」

エレベーターで上る2Fから4Fの各フロア内も段差はありません。

千葉港に建つ「千葉ポートタワー」

2F以上の展望施設の利用は有料ですが、障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。1Fの受付で手帳を提示する運用です。

千葉港に建つ「千葉ポートタワー」

○駐車場は満車に注意

アクセスは千葉みなと駅から徒歩12分の案内です。車椅子利用者は車の利用が便利です。

周辺は「千葉ポートパーク」という公園で、無料駐車場があります。入口が分かれて、一般駐車場と大型バス用駐車場があり、障害者用駐車区画は大型バス用駐車場の中に2台分用意されています。

千葉ポートパークは人気の公園です。好天の週末などは、駐車場は満車になることが多いので注意して下さい。

千葉ポートパーク

千葉ポートパーク

○障害者用トイレは細長い

千葉ポートタワーの障害者用トイレは1Fにあります。幅が狭く奥に長いスペースのトイレです。広いスペースが必要な方は、利用が難しいトイレです。

千葉ポートタワーの障害者用トイレ

○4F展望フロアのバリアフリー状況

1Fからエレベーターで4Fへ上ります。エレベーターにはスタッフが同乗します。状況に応じた車椅子利用者への配慮をしていただけます。

展望フロアは床面からガラス構造です。車椅子から360度の眺望を楽しめます。

千葉ポートタワー

千葉ポートタワー

千葉ポートタワー

千葉ポートタワー

千葉ポートタワー

○3Fレストランのバリアフリー状況

一般利用者は4Fから階段で3Fと2Fへ下りて、2Fから下りのエレベーターに乗ります。車椅子利用者は各フロアからエレベーターが利用できます。

3Fは「シーガルキッチン」で、ビュッフェ形式の展望レストラン

3Fは「シーガルキッチン」で、ビュッフェ形式の展望レストランです。可動式のテーブル席なので、車椅子での利用は可能です。

ただしビュッフェなので、自分で料理をもってくる必要があります。

3Fは「シーガルキッチン」で、ビュッフェ形式の展望レストラン

3Fは「シーガルキッチン」で、ビュッフェ形式の展望レストラン

○2Fサンセットプロムナードのバリアフリー状況

4F展望フロアと構造的には同じフラットフロアです。

恋人の聖地なので、様々な演出があります。

2Fサンセットプロムナードのバリアフリー状況

2Fサンセットプロムナードのバリアフリー状況

2Fサンセットプロムナードのバリアフリー状況

2Fサンセットプロムナードのバリアフリー状況

2Fサンセットプロムナードのバリアフリー状況

2Fサンセットプロムナードのバリアフリー状況

○千葉ポートパークのバリアフリー状況

ポートタワーがある公園「千葉ポートパーク」は、1986年に開園した28haの広い公園です。

円形芝生広場やウォータープラザ、テニスコートなどがあり、車椅子で散策ができる通路が整備されています。

夏場は水遊びや手ぶらでBBQが楽しめます。

千葉ポートパークのバリアフリー状況

千葉ポートパークのバリアフリー状況

千葉ポートパークのバリアフリー状況

千葉ポートタワーは、車でアクセスした場合の駐車場の状況と、狭いトイレに注意して下さい。この2点以外は、問題なく車椅子で利用できるバリアフリー施設です。

千葉県立美術館 車椅子からみたバリアフリー情報

千葉県千葉市の千葉港に建つ「千葉県立美術館」は、平屋構造で段差が無い車椅子で利用しやすい施設です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2019年11月の取材に基づいています。

千葉県立美術館

○美術館の概要

1974年に開館した美術館です。2013年から耐震補強などの改修工事を行い、2015年にリニューアルオープンしました。

約1万坪の広い敷地に、全8室の展示室が配置されています。

千葉県立美術館

「千葉県立美術館」の所蔵作品は、千葉県出身の画家の作品など、千葉にゆかりのある作品がほとんどです。

「ミュージアムショップ」には、千葉に関わる商品が並びます。

千葉県立美術館

○アクセスの状況

千葉都市モノレールの千葉みなと駅から徒歩10分の案内です。

78台収容の無料駐車場があり、障害者用駐車区画が2台分用意されています。

障害者用駐車区画は建物入口に一番近い場所にあります。

千葉県立美術館

駐車場から歩道に上がると途中に段差があります。車椅子では駐車場出入口の車道から出て、美術館エントランスに向かうと段差を回避できます。

千葉県立美術館

○館内のバリアフリー状況

観覧料金はその企画展によって変わりますが、障害者手帳の提示で、本人と介助者1名が無料に減免されます。

エントランスから館内に入ると、すぐに受付があります。その右奥がミュージアムショップです。

エントランスから直線的に通路が伸びて、左右に展示室が並びます。

千葉県立美術館

館内はフラットな構造でスペースは余裕があります。とても車椅子で利用しやすい美術館です。

千葉県立美術館

千葉県立美術館

障害者用トイレは建物奥のレストランの近くにあります。ちょっとした空間を改装して、障害者用トイレを設置しています。トイレの中はスペースの余裕があり、設備は更新されています。

千葉県立美術館

障害者用トイレ

レストランはフラットで可動式のテーブル椅子席です。車椅子での利用は可能です。

レストランはフラットで可動式のテーブルの椅子席

○屋外展示の状況

千葉県立美術館の敷地内には「野外彫刻」が多数展示されています。駐車場の周辺、展示棟のまわり、アトリエ等の裏側などに、20体以上あります。「野外彫刻」が展示されているのは無料エリアです。

千葉県立美術館の敷地内には、触って鑑賞できる「野外彫刻

千葉県立美術館の敷地内には、触って鑑賞できる「野外彫刻

千葉県立美術館の敷地内には、触って鑑賞できる「野外彫刻

千葉県立美術館の敷地内には、触って鑑賞できる「野外彫刻

千葉県立美術館

敷地内には他に、講堂とアトリエ3室などがある「県民アトリエ棟」、「管理棟」があります。

千葉県立美術館

千葉県立美術館は、古い施設ながら館内に段差はありません。1万坪の余裕あるスペースに建つバリアフリー美術館です。