大聖堂へはスロープで カトリック神田教会 バリアフリー情報

大聖堂へはスロープで カトリック神田教会 バリアフリー情報

東京都千代田区西神田の「カトリック神田教会」は、聖堂見学時間中は自由に出入りして礼拝することができます。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2016年9月の取材に基づいています。

 

○教会の歴史

江戸時代の禁教解禁が明治6年。翌明治7年に、この地にあった元旗本の三屋敷を購入し、もともとあった70畳の大広間を聖堂にしたのが教会の始まりです。

明治29年に本格的な聖堂が建立されましたが、大正2年に火事で焼失。

大正4年に今度はレンガ造りの聖堂が建てられましたが、関東大震災で倒壊。

そして昭和3年に現在の聖堂が建てられ、先の大戦の空襲を免れて現在に至っています。築90年を超える登録有形文化財です。

東京のカテドラルといえば、文京区の関口教会ですが、関口教会が再建されるまでの1952年から1964年の間は、この神田教会が東京のカテドラルでした。この間は司教の椅子である「カテドラ」が、神田教会にありました。

2000年には、フランシスコ・ザビエル聖人の遺骨が安置され、2002年には国の有形文化財に登録されました。

大聖堂のバリアフリー状況

○大聖堂のバリアフリー状況

聖堂名は「聖フランシスコ・ザビエル聖堂」です。

聖堂見学時間中は自由に出入りして礼拝することができます。大聖堂の入口はスロープがあり、車椅子で聖堂内に入ることができます。

聖堂内の中央部はレッドカーペットが敷かれ、その両サイドに木製のベンチが縦に15列ほど並びます。車椅子席の用意はありません。

聖堂見学時間は原則月曜日以外の10時から16時です。

 

○ステンドグラスの窓

内部も素晴らしい聖堂です。聖堂内は撮影禁止です。

聖堂の正面及び両サイドにはステンドグラスの窓が並びます。

祭壇の両脇には、聖母像、ヨハネ像、聖アンナとマリア像、ヨゼフ像が安置されています。

 

カトリック神田教会は、大聖堂の入口はスロープ対応で内部はフラット構造です。