車椅子で行く真岡市~観光スポットのバリアフリー情報

栃木県真岡市には、車椅子で利用できるユニークな観光スポットがあります。各施設のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

初めに、SLが走る真岡鉄道をテーマにした施設を紹介します。

SLが走る真岡鉄道

「真岡鉄道SLキューロク館」

2013年に誕生した入館無料のSL展示館です。車両に乗り込むのは階段なので車椅子では無理ですが、施設は1F構造で一部を除きバリアフリー。真岡駅のすぐ横で専用無料駐車場があり、館内には障害者用トイレもあります。

蒸気機関車2両に加え、客車や貨車なども展示。館内に入ると、汽車の匂いがします。屋内展示されている9600(キューロク)形SLは、土日祝日に1日3回動きます。

屋外の真岡駅線路のすぐ横には、D51機関車が展示されています。土日祝日は真岡鉄道を走るSLが展示D51の真横を通り、走るSLと展示されているD51の2ショットが楽しめる場所です。

館内には売店とカフェがあり、売店ではSL由来のクッキーや煎餅、地域の養護施設で製作されている商品などが販売されています。

車椅子で行く真岡市

「真岡市情報センター SLギャラリー」

外観はSLをモチーフにした真岡駅直結の駅ビル4Fに、「SLギャラリー」と子ども向けの「マルチ体験ゾーン」そして「展望デッキ」があります。隣接する「SLキューロク館」とともに、真岡SL観光の拠点です。

駅直結ですが無料駐車場があり、障害者用駐車区画は2台分あります。駅ビルにはエレベーターが1基あり車椅子で利用可能。障害者用トイレは3Fで、エレベーターを降りてすぐ右手にあるドアを開けるとトイレがあります。

「SLギャラリー」では、昔の真岡鉄道の様子などが展示されています。

「マルチ体験ゾーン」は、プラレールで遊べたり、鉄道系プリクラが撮れたりと、幼児向けの施設です。

「展望デッキ」は屋上広場のようなもの。南向きのデッキなので、下館方面からSLが来るとよく見えます。

車椅子で行く真岡市

 

次は、2014年にオープンした文化施設を紹介します。

「久保記念観光文化交流館」

旧久保邸を改装し開放した、記念館、美術館、物産館、イベントホール、レストランで構成される施設です。

敷地内の駐車スペースは5台分で、内1台分が障害者用駐車区画。近隣の「木綿会館」の駐車場の利用が薦められています。トイレは独立棟を新設。綺麗な障害者用トイレが併設されています。

車椅子で行く真岡市

「久保記念館」は明治40年築で、入口からすぐに段差があり、靴を脱いであがります。1Fは久保邸で使用されていた応接セットがおこれた「観光サロン」、特産の木綿を飾った「真岡木綿展示室」など。2Fに階段で上ると、美術家久保貞次郎氏が残した書簡、原稿、写真などが飾られた「久保資料室」。「久保記念館」は車椅子では利用できない施設です。

車椅子で行く真岡市

「美術品展示館」は大正12年築の米蔵。昭和32年に久保貞次郎氏がアトリエに改修。そして1Fだけの小さな美術館に改装されました。バリアフリーに鑑賞できる美術館です。

車椅子で行く真岡市

「観光物産館」はいわゆる土産屋。小さなお店で通路幅はそれほど余裕はありませんが、空いていれば車椅子での利用に問題はありません。

「観光まちづくりセンター」は明治12年築のなまこ壁の土蔵。出入口が段差構造で車椅子での入館は無理。多目的フリースペースといった位置づけで、真岡の各種観光振興団体の活動拠点になっています。

レストランは「トラットリア ココロ」。「フレンチをベースにしたイタリアン」のお店。一般的な車椅子での利用は可能です。

 

 

真岡には、日本一の大きさを誇る二臂半跏像弁財天が鎮座するお寺があります。

「長蓮寺」

開創は1297年と伝承される時宗のお寺。場所は「観光文化交流館久保記念」の横です。

境内に入ると特徴的な「太鼓櫓」と大きな「本堂」が見えます。「弁財天」は「本堂」の中ではなく「太鼓櫓」1F部のお堂に鎮座しています。

「太鼓櫓」へ向かうと舗装路は途中で終わり、砂利道に飛び石が配置されたゾーンになります。このゾーンが約5m。ここが車椅子での最初の難所です。さらに「太鼓櫓」の1F部のお堂に入るところに、高さ数センチレベルの段差が3段ほどあります。段差間の幅が50cmくらいと、車椅子で乗り越えるのには辛い幅です。

開創は1297年と伝承される時宗のお寺

「太鼓櫓」の1F部のお堂の入口ドアはタッチ式自動ドアで段差なし。お堂の中は車椅子が1台入るには十分な広さがありますが、2台でギリギリの広さです。

本尊は高さ3.45mの「弁財天」像。脇侍には「毘沙門天」と「大黒天」。さらに従者として使える「十五童子」像が鎮座します。

開創は1297年と伝承される時宗のお寺

「太鼓櫓」の「櫓」はとても大きく特徴的。また境内にある「鐘楼」もとても立派です。

 

最後に特産の「いちご」に特化した道の駅を紹介します。

「道の駅にのみや」

真岡市は「いちご生産量日本一」。道の駅ではワンランク上の「プレミアムとちおとめ」が人気です。

流れるBGMはオリジナルの“いちごの歌”。街路照明にはイチゴがデザイン、「いちご展示温室」「いちごふれあい館」があります。

車椅子で行く真岡市

道の駅なので最低限のバリアフリー要件は満たしていますが、1997年の開業なので、設計は古い施設です。

この地はかつて小田原藩の飛び地「下野国桜町領」で、経済再生のために小田原から役人として赴任した二宮尊徳が活躍しました。二宮尊徳はこの地に36歳から52歳までの26年間を過ごしたということ。「勤労」「分度」「推譲」の「報徳の教え」は、この地で実践された行政手法ということです。

道の駅の物販ショップの店名は「尊徳物産館」、食事処は「金次郎食堂」。町には「二宮尊徳資料館」があります。

車椅子で行く真岡市

伝統の真岡木綿をテーマにした「真岡木綿会館」は、2019年1月現在、増築改装工事中です。

また隣接する「岡部記念館金鈴荘」は、車椅子では外観の見学すら利用が難しい観光スポットです。

岡部記念館金鈴荘

バリアフリー情報を参考に、車椅子での真岡観光をお楽しみ下さい。