介助者がいる重度障がい者の車椅子乗降に便利な障害者用駐車区画の要件

駐車場に障害者用駐車区画の用意があるのが、当たり前の時代になりました。

重度で重複した障がいがある車椅子利用者を、障害者用駐車区画で介助して乗降させる場合に、当事者として現地で感じることを紹介します。

 

○入口までの距離は絶対条件ではない

 障害者用駐車区画は、施設の出入口の近くに用意されます。これは少しでも歩行距離が短いと助かる人には有効です。

 障がい者本人は車椅子利用で、元気な介助者が車椅子を押して移動する場合は、フラットな舗装路面であれば、多少の距離は問題なく移動できます。駐車区画に乗降のためのスペース的な余裕があれば、場所はどこでも利用できます。

障害者用駐車区画が満車になることが多い駐車場は、出入口から離れた場所でもよいので、スペースに余裕のある駐車区画を増設していただくと、介助者は助かります。

介助者がいる重度障がい者の車椅子乗降に便利な障害者用駐車区画の要件

○屋根付きの乗降スペースは雨天に役立つ

青空駐車場の場合、乗降に時間がかかるので、車椅子利用者は雨天の場合に困ります。

屋根付きの障害者用駐車区画があり、そこから施設の入口まで屋根が続く駐車場があります。ただしそこが満車の場合は困ります。

屋根付きの障害者用駐車区画がある駐車場も、無い駐車場も、施設の入口前に1台分以上の屋根付き乗降スペースがあると、雨天荒天の日にとても助かります。

介助者がいる重度障がい者の車椅子乗降に便利な障害者用駐車区画の要件

○車後部のスペースに余裕があると車椅子が出せる

障害者用駐車区画には、車をバックで駐車すると、後部のスペースがほとんどない区画が数多くあります。

車椅子のまま乗車をする車両は、後部からスロープを出して乗降します。

車椅子を畳んで積載している車両も、介助者がいる場合は、通常後部から車椅子をとりだします。

そのため後部スペースに余裕がない障害者用駐車区画に駐車する際は、輪留めの手前で停めるか、バックではなく頭から駐車しています。

なかには「車椅子用」マークを付けた看板を設置して、後部スペースを使えなくしている障害者用駐車区画もあります。

障害者用駐車区画を設置する際は、横スペースだけではなく、後部スペースを確保していただくと、介助者が車椅子を車両から出すことができます。

介助者がいる重度障がい者の車椅子乗降に便利な障害者用駐車区画の要件

○立体駐車場は障害者用駐車区画のフロア別空満掲示があると便利

大型商業施設の立体駐車場の多くは、あるフロアにいったん進入すると、他のフロアには移動できない構造が採用されています。

このタイプの立体駐車場の場合、例えば5Fが「空」となっていて進入したものの、2台ある障害者用駐車区画は満車、というケースがあります。

最近できた施設の中には、フロア別の障害者用駐車区画の空満掲示がある立体駐車場があります。この情報は助かります。

介助者がいる重度障がい者の車椅子乗降に便利な障害者用駐車区画の要件

○車椅子不可の案内があると駐車場を間違えない

障害者用駐車区画が満車で利用できない場合は、車椅子乗降が出来そうな一般駐車区画を探して駐車しています。この場合は、不便ではあっても、車椅子で駐車場から出ることは何とか出来ます。

古いビルの地下駐車場など、駐車エリアから、段差を越えないと外に出られない駐車場があります。また、日曜日はビルのエレベーターが停止して、階段だけになる駐車場も経験したことがあります。

障害者用駐車区画がある駐車場は、入口に車椅子マークが掲示されています。

決定的な段差があり、車椅子では絶対に利用できない駐車場は、入口に車椅子不可の案内を掲示していただくと、間違えずにすみます。

 

当事者として、駐車場で感じていることを紹介させていただきました。

(本稿は2020年1月に執筆しました)

歯磨きが出来ない重度障がい者の口腔ケア用品「スポンジブラシ」

寝たきり状態など重度の障がいがあり、口を開けた状態での歯磨きが難しい人。

嚥下障害が酷く、一般的な歯磨きをすると咽る人。

知的、コミュニケーション面で重度の障がいがあり、歯磨きをすると暴れてしまう人。

家庭での家族による口腔ケア介護が難しい人がいます。

その人の障がいの状況によりますが、スポンジブラシによる口腔ケアは、通常の歯磨きが難しい人でも、家族の介護で効果が出やすい方法です。

 

スポンジブラシは、原理や使用方法は極めてシンプルです。棒状の柄の先にスポンジが付いていて、それでお口の中を掃除します。

ケアスポンジは、いろいろな形状、大きさ、固さのものがあります。

一般的な基準としては、最初はやや小さめで柔らかいタイプのブラシから始めることが推奨されています。介護に慣れてきてから、適正に応じて、大きくて、固いタイプに変更します。

 

磨き方はあくまでソフトに、優しく行うことを心がけます。介護する人が協力的なら良いのですが、実際にはそうではないことが多く、頭を振る人、口を開けない人、途中で噛んでしまう人、いろいろだと思います。

歯磨きが出来ない重度障がい者の口腔ケア用品「スポンジブラシ」

一般的な使用方法です。

スポンジを水で濡らして使用します。誤嚥防止の意味でも、濡らした後は必ず絞って使用します。

濡らし用のコップ、洗浄用のコップを2つ用意して水を入れ、スポンジ拭き取り用の清潔なペーパータオル等を用意します。

濡らして、絞って、お口を掃除して、洗う、このサイクルを繰り返します。

出来れば衛生上の観点から、使い捨ての医療ケア用の手袋をすることが望まれます。

スポンジブラシは使い捨てです。綺麗に洗ったつもりでも、菌が残る可能性はあるので、使い捨てにします。

グジュグジュペッも、うがいも難しい状態の人は、お口の中全般が汚れています。歯だけではなく舌や歯茎など、ブラシが届く限り口腔を、すべて丁寧にスポンジで拭ってあげます。

舌ブラシや口腔用ウェットティッシュなどを併用すると、なお効果的です。

ただし、噛みつかれる可能性がある場合は、指を口内に入れるのは危険です。注意してください。

 

お口の汚れは虫歯など口内の病気だけではなく、特に嚥下障害による誤嚥がある人は、口内の菌が肺に入り肺炎を起こすリスクがあります。

ケアスポンジはネット通販でも購入できます。通常の口腔ケアが難しい人に、積極的に利用して下さい。

(本稿は2020年1月に執筆しました)

一戸建て住宅の必需品 家庭用の車椅子電動昇降機

日本のほとんどの一戸建て住宅は、道路から玄関までに段差があり、玄関内が段差構造です。

車椅子利用の、それも重度の障がいがある人がいる家庭では、家の出入りが問題になります。

家庭用の車椅子電動昇降機は、日本の一戸建て住宅にマッチした福祉機器です。

 

車椅子のまま住宅内に進入できる、リビング前などで使用するケースが多いようです。

屋外から駐車スペースなどのフラットな庭を通り、リビング前から電動昇降機で部屋の高さまで上がり、住居内に入る使用イメージです。もちろんその住居によって設置場所は様々です。

 

設置スペースは最低でも1.2m四方くらいは必要です。出来れば1.5m以上が望まれます。

打ち付けて固定するタイプ、簡易的に置くタイプがあり、バラして組み立てが出来るタイプもあります。

 

電源は通常の家庭用100Vのものがほとんどで、電源が引ければ特別な電気工事は不要です。

 

大きさや機能としては、介助者が一緒に乗るかどうか、直進での乗り降りだけではなく左右L字方向にも乗降可能か、このあたりが選択肢になります。

機能選択で大きさも変わるので、スペースとの兼ね合いで検討します。

 

障がいのある人が使用する昇降機ですから、ある程度利用に時間がかかります。したがって雨対策が重要です。庇の下など雨が避けられる場所での設置が望まれます。

 

家庭用の車椅子電動昇降機は1基100万円程度しますが、ケースバイケースにはなりますが、介護保険を使うと月々2000円台でレンタルできます。

介護保険制度が導入されてから商品が数多く開発され、機能が上り値段が下がり、利用者は増加しました。

 

実際、ベッドから車椅子に移るのがやっとのレベルの障がいのある人の場合、一般的な日本の一戸建て住宅の玄関を通るのは大変です。また多くの家屋は、玄関から道路までの間に更に段差があります。

庭に面したどこかのお部屋までを何とか段差解消して、そこから昇降機で乗降するのはとても現実的な方法です。

一戸建て住宅の必需品 家庭用の車椅子電動昇降機

利用されている人が大勢います。贅沢と思わずに、困っているご家庭は、ぜひ家庭用の車椅子電動昇降機の導入を検討してください。