車椅子で行く福島~喜多方しだれ桜並木バリアフリー情報

3kmの遊歩道に1000本のしだれ桜が咲く、喜多方の春。喜多方しだれ桜並木は、車椅子で快適散策ができます。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年4月の取材に基づいています。

3kmの遊歩道に1000本のしだれ桜

○車椅子でどこまでも行ける

しだれ桜並木があるのは、1984年に廃線になった日中線の線路の跡地。まっすぐに伸びる遊歩道の両脇に、約1000本のしだれ桜が植栽されました。今では立派に育ったしだれ桜が咲き誇ります。

線路の跡地を遊歩道にしているので、真っすぐでフラット。車椅子で快適な散策ができます。ただし3kmもあるので、どこまで行くかはその人次第。無理のない範囲で車椅子観光を楽しんで下さい。

喜多方しだれ桜並木バリアフリー情報

○観光駐車場はオフロード

2018年4月時点の状況です。

さくら祭り期間中、無料観光駐車場が用意されます。場所は県立喜多方商業高校跡地。未だ校舎が残る、廃校になった学校の校庭が駐車場です。

元校庭の駐車場は未舗装。障害者用駐車区画の設定があるので、誘導スタッフに車椅子利用の旨を申告相談してください。ただし場所は出入口に近いのですが、未舗装路面で広さも一般駐車区画と変わらない障害者用駐車区画でした。

駐車場に停まっている車のナンバーを観察すると、県外ナンバーが過半。広範囲からの集客を実現しています。

喜多方しだれ桜並木バリアフリー情報

○遊歩道の出入り箇所は限定的

遊歩道の正式名称は「日中線記念自転車歩行者道」です。

日中線記念自転車歩行者道

遊歩道は周囲よりも一段高い箇所が多く、一般道路へ接続する出入口はところどころにある構造です。したがってしだれ桜並木と一般道路の出入り箇所は限定的。計画的に行動する必要があります。

喜多方市内を散策して、しだれ桜並木に戻ろうとしたのですが、車椅子で通行できる出入り箇所に、なかなかたどり着けませんでした。

喜多方しだれ桜並木バリアフリー情報

○最寄りのトイレは喜多方プラザ

喜多方は、障害者用トイレの設置に努力しています。

しだれ桜並木から最寄りのインドアトイレは喜多方プラザ内。SLが展示されている場所にある公衆トイレにも、障害者用が併設されています。

街中を散策するなら、各観光案内所に障害者用トイレの用意があります。また喜多方市役所内には、とても綺麗な障害者用トイレがあります。

喜多方は、車椅子でのトイレ利用はなんとかなる観光地です。

喜多方しだれ桜並木バリアフリー情報

○喜多方ラーメン店のバリアフリー事情

ラーメン以外を食べるのが大変なくらい、喜多方はラーメン店が多い街です。

車椅子で喜多方ラーメンを食べたい方へ。とてもすべてのラーメン店をチェックできたわけではありませんが、観察する限り、車椅子で利用しやすいラーメン屋さんは数が少ない印象です。

狭いお店、入口に段差があるお店、店内を覗いてみると席のほとんどが小間上がりのお店。そしてランチタイムは、人気店は行列ができます。

車椅子で喜多方ラーメンを味わいたい場合は、グルメ情報だけに頼らず、現地現場のバリアフリー状況をよく確認して、お店を選ぶ必要があります。

喜多方しだれ桜並木バリアフリー情報

これほど車椅子で散策しやすい桜並木はありません。しだれ桜の開花時期に喜多方へお出かけください。喜多方しだれ桜並木は、車椅子利用者にお薦めできます。

車椅子で行く福島~会津若松鶴ヶ城のバリアフリー情報

会津若松のシンボル「鶴ヶ城」は、車椅子での観光ルートは限定的ですが、障がいある人への配慮があるお城です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年4月の取材に基づいています。

○障害者用駐車スペースあり

アクセスは車が便利。お城の周りには市の公営駐車場が3カ所あります。そして城内の天守閣近くに「3台程度駐車可」と案内される無料の障害者用駐車スペースがあります。

城内の一通路を進む場所で、混雑時は満車の可能性があります。また、3台駐車するととても狭い駐車スペースなので、広々した乗降スペースが必要な人は、混雑時の利用はむしろお薦めしません。

会津若松鶴ヶ城のバリアフリー情報

○バリアフリーなのは東口ルート

城内へ向かうバリアフリールートは、東口からだけです。その詳細はHPで解説されています。したがって3カ所ある公営駐車場の中で、車椅子利用者にお薦めなのは東口駐車場です。

 

○駐車場は障害者減免あり

市の公営駐車場は駐車料金の障害者減免があります。駐車券を城内にある「観光案内所」に持参して障害者手帳を提示してください。終日無料の駐車券が交付されます。

東口駐車場からなら、車椅子で観光案内所まで行くことが出来ます。本当にお城の観光に来た人だけを減免する、申請方法です。

会津若松鶴ヶ城のバリアフリー情報

○東口からの散策ルート

東口駐車場からの車椅子での散策ルートの概要です。

駐車場から横断歩道を渡り城内へ。「二の丸」内の舗装路を進みます。一部未舗装箇所がありますが、途中に砂利道を回避する木製歩道などの用意もあります。

丸みのある「廊下橋」を車椅子に力を入れて渡り「本丸」へ。その先の上り坂をクリアすれば、天守閣の下に到着します。天守閣の周りは車椅子で周回できます。

会津若松鶴ヶ城のバリアフリー情報

○場内の障害者用トイレ

天守閣の下の観光案内所の横にあるトイレには、障害者用が併設されています。トイレに行くには、砂利路面を車椅子で走破する必要がありますが、一般的な車椅子利用者ならなんとかクリアできる砂利路面です。

他に前出の「障害者用駐車スペース」のトイレにも、障害者用が併設されています。

会津若松鶴ヶ城のバリアフリー情報

○天守閣内はすべて階段

有料で天守閣内に入ることが出来ますが、最初の入口から階段の段差構造です。車椅子での天守閣内の観光は出来ません。

会津若松鶴ヶ城のバリアフリー情報

 

○鶴ヶ城は桜の名所

ソメイヨシノ系の桜は寿命が70年前後。いま戦後に植栽された桜が、各地で寿命を迎えています。会津鶴ヶ城の桜も古木が多い。行く末が心配ですが、観察すると若い木もところどころに植栽されています。計画的に桜の世代交代が進められているようです。

 

東口からの限定されたルートで、傾斜路や未舗装路も一部ありますが、会津若松鶴ヶ城は車椅子で散策できます。

車椅子で行く福島 一本桜のバリアフリー情報

福島県には桜の銘木が多々あります。その中でも車椅子で鑑賞できる一本桜、「三春滝桜」「紅枝垂地蔵ザクラ」「合戦場のしだれ桜」の、2018年時点でのバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

「三春滝桜」(三春町)

○障害者用駐車スペースあり

アクセスは車が便利。開花シーズンは無料の観光駐車場が開設されます。駐車場入口に誘導スタッフがいるので、車椅子利用の旨を申告相談してください。

入口に近い広大なスペースが身体障害者用駐車スペースとして確保されています。スタッフの誘導にしたがって駐車してください。

またこの障害者用駐車スペースの端に、仮設の障害者用トイレが設置されています。

福島一本桜のバリアフリー情報

○観覧料は障害者減免あり

開花シーズンの観覧は有料です。駐車場の先に仮設の支払い窓口があります。2018年時点では、この窓口は一段の段差の上でスロープがありません。

障害者手帳の提示で本人の観覧料が無料に減免。そして車椅子で介助が必要な障害者は、介助者1名も無料になります。

福島一本桜のバリアフリー情報

○坂道あり、最後の一歩はバリア道

有料エリアへと進みます。ゲートから滝桜まで300mほどで、すべて舗装路の上り坂。一部かなり急な坂道もあります。車椅子利用者は介助者と同行することをお薦めします。

傾斜路さえクリアできれば、滝桜まで車椅子で移動は可能です。最も滝桜に近づく箇所は、段差のある未舗装路なので車椅子では無理ですが、そこまで近づかなくとも十分に滝桜を楽しむことは出来ます。

滝桜の周辺を散策するルートがありますが、段差があるので車椅子向きではありません。

福島一本桜のバリアフリー情報

福島一本桜のバリアフリー情報

 

「紅枝垂地蔵ザクラ」(郡山市)

○三春滝桜の娘桜

三春滝桜から車で10分強の距離にあるブランド桜で、樹齢は約400年、樹高16m。三春滝桜の娘と伝承されています。観覧は無料です。

銘木から50mほどの距離に未舗装の無料観光駐車場があります。障害者用の区画はありません。駐車場は空き地に整然と駐車するイメージです。

福島一本桜のバリアフリー情報

○根本の祠へは段差ルート

駐車場から車道にでれば舗装路で、車椅子で楽に移動ができます。桜へはやや坂道になりますが、それほどの傾斜ではありません。すぐに地蔵ザクラに到着します。

桜の根基に祠があり、そこまでは木製のパネルが敷かれたガタゴトのルート。根元へは車椅子では辛い道です。ただし桜を見るということでいえば、根元まで行く必要はまったくありません。

福島一本桜のバリアフリー情報

○ハナモモ回廊は車椅子不可

地蔵ザクラの周囲は「ハナモモ回廊」と呼ばれています。その名の通り、美しいハナモモが植栽され咲き乱れるエリアです。

その中を自由に散策できますが、散策路は段差があります。車椅子では車道から見える範囲で「ハナモモ回廊」を楽しんで下さい。ただしその車道は、地蔵ザクラの先からは車椅子では移動が辛い急な上り坂になります。

 

 

「合戦場のしだれ桜」(二本松市)

○三春滝桜の孫桜

こちらは孫桜といわれています。名称の由来は、桜の場所が「前九年の役」の古戦場と伝承されているから。推定樹齢は170年ほどなので、合戦の現場にはない桜です。観覧は無料です。

無料駐車場があり、誘導スタッフがスタンバイしています。駐車場は未舗装で障害者用駐車スペースの設定はなし。乗降しやすい場所を選んで停めてください。

 

○桜正面まで車椅子で移動可

駐車場の周囲は数軒屋台が出店。簡易トイレは設置されていますが、障害者用はありません。

駐車場からの路面は未舗装ですが、固くフラットな路面なので、車椅子でそれほど苦労せずに移動できます。ただし雨上がりは、車椅子のタイヤに泥や草が絡みつきます。

駐車場から「合戦場のしだれ桜」までは、きつい傾斜路はありません。移動距離50m程度で、桜の正面に立つことが出来ます。

福島一本桜のバリアフリー情報

○菜の花としだれ桜

桜の下には菜の花が栽培され、ピンクと黄色のコントラストが美しい。夜はライトアップされます。

鑑賞エリアは未舗装ながらほぼフラット。車椅子での正面側からの鑑賞に決定的な障害はありません。桜の裏側に回るルートは段差路。裏側からの車椅子での鑑賞は無理です。

駐車場と桜の中間に小さな建物があり、中の壁面には「合戦場のしだれ桜」を写した数々の写真が展示されます。出入口は多少の段差がありますが、車椅子でもなんとか建物の中に入ることができるので、美しい桜の写真をご覧ください。

 

 

福島県を代表する一本桜の中で、「三春滝桜」「紅枝垂地蔵ザクラ」「合戦場のしだれ桜」は、少しの努力で車椅子利用者でも鑑賞できる3本です。