環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

福島県いわき市小名浜にある東北最大級の水族館です。施設全域がバリアフリー仕様で、車椅子やベビーカーで楽しく利用できます。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

アクセスは車が便利です。アクアマリンふくしまの周辺には、イオンモール小名浜の駐車場も含めて、13エリアに区分けされる無料駐車場があり、全体で1,500台を収容します。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

アクアマリンふくしまの入口に最も近い駐車場は「PE1」駐車場です。そこには身障者用駐車スペースが17台分も用意されています。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

ただし屋根なし駐車場で、駐車スペースから水族館エントランスであるメインゲートまでの区間は、屋根はありません。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

メインゲート内に入ります。アクアマリンふくしまの入館料は障がい者減免制度があり、本人は無料、障がいの等級によっては介助者1名が無料に減免されます。受付スタッフがいる窓口に障害者手帳を提示して減免措置をうけてください。無料入館券を発券していただけます。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

以下、アクアマリンふくしまが推奨するルート順に、現地の状況を紹介します。バリアフリートイレは本館内に3つ、アクアマリンえっぐ棟に1つ用意されています。ルート順に進むと、最初のバリアフリートイレは本館4Fのトイレになります。

最初は洞窟のような通路を移動しながら各種の展示物を観覧する「わくわく里山・縄文の里」です。ほぼフラットな舗装路面を移動します。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

小型ケース内での展示、動物園のような狸等の展示、縄文の里をイメージした屋外展示などが連続します。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

洞窟通路は円を描くカーブで、屋外の山、渓流、河原など里山を再現した施設の周囲をまわります。下の写真は滝越しにみる里山の様子です。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

最後が「カワウソのふち」。そこを出るとフラットな舗装路面が広がり、「伝馬船工房」の船の展示があります。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

そこから本館に移動します。「カワウソのふち」から本館近くまでの間は、屋根がありません。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

雨天の場合は「わくわく里山・縄文の里」の入口まで戻ると、本館まで続く庇の下に入ることができます。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

今回取材時は、本館エントランス付近が工事中でした。それでも車椅子で問題なく通行できました。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

本館内に入ると広いガラス張りの空間が広がります。最初の展示は1Fの「海・生命の進化」。照明を落とした空間で、車椅子から見難い展示はありません。これ以後の展示も、ほぼすべて車椅子からの目線で観覧可能です。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

本館は4フロア構造です、1Fからエスカレーターで4F に上がり、そこからスロープ路を下りながら展示を観覧します。車椅子ベビーカーは、1Fからエレベーターで4Fへ上がります。スタッフの誘導に従ってください。

4Fから始まる下りスロープ路の傾斜は緩やかです。一般的な車椅子利用者なら問題なく移動できます。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

4Fから3Fにかけては植物園のような展示でもあります。車椅子から水槽内の展示鑑賞は可能です。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

水槽の近くにいくのに、階段を利用する展示が一か所あります。「北の海の海獣・海鳥」です。車椅子ベビーカーはデッキからの観覧になります。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

デッキからでもこの迫力です。水槽に近づけないデメリットはほとんどありません。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

館内の所どころ、周囲を見渡す展望コーナーが設置されています。写真は陸側のイオンモール小名浜方面を見渡すコーナーからの眺望です。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

目玉施設である「潮目の海」のトンネルも、車椅子ベビーカーで問題なく通行して水槽を観覧できます。ここにテクアウトの寿司処「潮目の海」があります。カウンターでお寿司を注文して、近くのベンチなどでいただきます。その気になれば車椅子でお寿司をつまめます。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

本館最後の展示は「友好提携国情報コーナー」。パネル解説と自然環境を再現した展示があります。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

本館2Fからスロープ路で1Fに下ります。左手がミュージアムショップ、奥がレストランです。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

1Fには自由に本を閲覧できる図書コーナーがあります。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

次は全面ガラス張りの「展望室」に向かいます。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

1Fからエレベーターで最上階の展望フロアに上がります。展望室はバリアフリー仕様で、車椅子ベビーカーで利用できます。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

展望フロアはスペースに余裕があります。車椅子からこのような眺望を楽しめます。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

無料で利用できる固定型望遠鏡が設置されていますが、望遠鏡の高さは車椅子仕様ではありません。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

えっぐ棟内にも各種の生物展示があります。フラットでスペースに余裕がある構造なので、車椅子ベビーカーで観覧できます。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

海鵜の屋外展示、砂漠に生きる動物の屋内展示コーナーなどもあります。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

えっぐ棟から屋外に出ます。「えっぐの森」は未舗装路面で、車椅子ベビーカーでは無理をして移動するデコボコ広場です。蛇の目ビーチ方面は、舗装通路が整備されています。ここから先の屋外エリアは屋根なしです。屋外への段差のないルートは、釣った魚をから揚げにする調理カウンター側にあります。

蛇の目ビーチは砂浜ですが、その周回路は車椅子ベビーカーで通行可能な舗装路面です。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

釣り場や餌やり場などの周囲は、若干デコボコした路面がありますが、慎重に移動すれば車椅子ベビーカーで通行できます。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

その先の「BIOBIOかっぱの里」エリア内の通路も舗装路面で、車椅子ベビーカーで散策可能です。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

えっぐ棟方面から本館1Fに戻ります。本館を出て「クウェート・ふくしま友好記念日本庭園」と最後の展示施設「金魚館」に向かいます。この間の移動ルートはフラットな舗装路面です。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

日本庭園の横を通り金魚館へ入ります。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

館内は金魚一色。フラットな構造でスペースに余裕がある、車椅子から観覧しやすい展示です。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

多種多様な貴重金魚が泳ぐ、贅沢な展示です。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

これで展示は最後です。メインゲートから退出します。ゲートの横にはショップ「JOHMON」があります。

環境水族館アクアマリンふくしま 車椅子観覧ガイド

子どもから大人まで楽しめる展示内容。アクアマリンふくしまは、車椅子ベビーカーで利用できるバリアフリー施設です。

いわき市小名浜にある大型観光施設「いわき・ら・ら・ミュウ」の詳しいバリアフリー情報を別稿で紹介しています。ぜひご覧ください。

(本稿は2021年5月に執筆しました)

いわき・ら・ら・ミュウ 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

福島県いわき市小名浜にある大型観光施設です。数多くのショップ、グルメ店が入り、観光遊覧船乗り場、地元の歴史や文化を紹介するコーナーなどがあります。「いわき・ら・ら・ミュウ」は、車椅子で利用しやすいバリアフリー施設です。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

いわき・ら・ら・ミュウ 車椅子利用ガイド

アクセスは車が便利、430台を収容する大型駐車場があります。身障者用駐車スペースは、中央口前に屋根なしで4台分、ブルーペイントされたスペースに余裕がある駐車区画です。駐車場から施設エントランスにかけて、段差のないフラットな構造です。

いわき・ら・ら・ミュウ 車椅子利用ガイド

2フロア構造の施設です。バリアフリートイレは1Fに3つ、2Fに2つ用意されています。

いわき・ら・ら・ミュウ 車椅子利用ガイド

写真のトイレは2Fのトイレの1つ。スペースに余裕がある綺麗なトイレで、ウォシュレット付き便器が備えられています。

いわき・ら・ら・ミュウ 車椅子利用ガイド

エレベーターは2か所に各1基あります。別にエスカレーターもあるので、まったく混まずに利用できました。

いわき・ら・ら・ミュウ 車椅子利用ガイド

1Fのバリアフリー状況です。1Fは中央口を中心に、オープン型の海産物店が6店舗並びます。鮮魚と干物などの加工品、買った商品を店内で焼いていただけるお店もあります。いずれのお店も通路幅に余裕があるので、車椅子で利用できます。ほかにテイクアウトショップもあります。

いわき・ら・ら・ミュウ 車椅子利用ガイド

オープン型店舗の奥にあるドアが、2Fがある館内店舗1Fの出入口。写真は中央口です。1Fには複数の飲食店、お土産屋などが営業しています。飲食店の中にはスペースが狭いお店がありますが、見た限りどの店も一部は可動式テーブル席があるので、混雑していなければ車椅子で食事が出来そうです。お土産などのショップは、スペースに余裕があり、車椅子で問題なく利用できます。

いわき・ら・ら・ミュウ 車椅子利用ガイド

2Fのバリアフリー状況です。2Fは2店舗の飲食店と「ライブいわきミュウじあむ」などがあります。飲食店はオーシャンビューが自慢で、両店舗ともスペースに余裕がある可動式テーブル席のお店です。

「ライブいわきミュウじあむ」では、いわき市の歴史や文化を紹介する常設展と、今回取材時は東日本大震災に関する企画展が開催されていました。

いわき・ら・ら・ミュウ 車椅子利用ガイド

いずれも問題なく車椅子で観覧できる展示です。

いわき・ら・ら・ミュウ 車椅子利用ガイド

観光遊覧船乗り場の状況です。1Fの南側はフリーテーブルやベンチが配置される休憩所になっています。

いわき・ら・ら・ミュウ 車椅子利用ガイド

そしてここが遊覧船「サンシャインシーガル」の乗船待合場になりました。50分間の小名浜港クルーズが運行されます。今回取材時は、強風のため残念ながら運休でした。2021年4月に就航した遊覧船で2フロア構造、2Fへは階段のみの構造です。

いわき・ら・ら・ミュウ 車椅子利用ガイド

観光遊覧船乗り場の周辺は、小名浜港に面した広場です。多くの人が散策を楽しんでいました。フラットな舗装路面なので、車椅子で散策できます。

いわき・ら・ら・ミュウ 車椅子利用ガイド

「いわき・ら・ら・ミュウ」は、2021年を「変革の1年」と位置づけ、様々な施策に取り組んでいます。施設全般、問題なく車椅子で利用できる大型施設です。

いわき市小名浜にある車椅子で買い物ができるスーパーマーケット「鮮場やっちゃば小名浜店」を別稿で紹介しています。ご参照ください。

(本稿は2021年5月に執筆しました)

いわきの台所 鮮場やっちゃば小名浜店 車椅子バリアフリー情報

福島県いわき市小名浜にある、車椅子で買い物ができるスーパーマーケットです。青果、鮮魚、精肉、100均が営業しています。

アクセスは車が便利です。広い駐車場があり、身障者用駐車スペースは1台分あります。そこが満車でも、一般駐車区画で乗降しやすい場所を確保しやすい駐車場です。

いわきの台所 鮮場やっちゃば小名浜店

駐車場から店舗エントランスにかけて、まったく段差のない構造です。店舗の出入口は幅の広い引き戸で、車椅子で問題なく通行できます。

いわきの台所 鮮場やっちゃば小名浜店

店内はフラットで、通路は一般的なサイズの幅が確保されています。極端に混雑している状況でなければ、車椅子で買い物ができます。

店内のトイレにはバリアフリートイレが用意されています。洗面台は小型タイプですが、トイレ内のスペースは余裕があり、ウォシュレット付き便器が備えられています。綺麗なトイレです。

いわきの台所 鮮場やっちゃば小名浜店

鮮場やっちゃば小名浜店は、車椅子で日常の買い物に利用できる、便利なスーパーマーケットです。

東北最大級の水族館「アクアマリンふくしま」の詳しいバリアフリー情報を別稿で紹介しています。ぜひご覧ください。

(本稿は2021年5月に執筆しました)