車椅子で行く丸の内~ブリックスクエア バリアフリー利用ガイド

魅力あるお店、素敵な広場、そして美術館。2009年に誕生した、丸の内でもっともお洒落な商業施設「丸の内ブリックスクエア」のバリアフリー状況をご紹介します。

丸の内~ブリックスクエア

○一号館広場の植栽とアート

ブリックスクエアの中庭は、丸の内随一の植栽空間「一号館広場」です。好天の日の車椅子の散策はここから。植栽はビルの壁面や一部屋根までを緑化。庭園内は季節のお花が咲きます。それほど広い広場ではありません。散策通路を車椅子でサッと巡ることができます。

広場にはアート系オブジェも配置。開業後に一度入れ替わったことを知っています。数年に一度、アートが変わるのかもしれません。

丸の内~ブリックスクエア

○魅力のグルメ店

そしてグルメ店が人気。B1から3Fまで各フロアに美味しいお店があります。全フロアに障害者用トイレがあるバリアフリー設計。構造的な問題で、車椅子で利用できないフロアはありません。

大雑把な傾向ですが、上のフロアのグルメ店ほど、お高いお値段のお店になります。1Fの「A16」は一号館広場にテラス席のあるお店。テラス席はもちろん車椅子で利用可。季節の良い好天の日はもちろん、そうでもない日でも人気のテラス席です。

ちなみに「三菱一号美術館」の中のカフェは、明治の銀行を復元した二層吹き抜け構造。パーティーなどでの貸し切りも可能という案内です。

丸の内~ブリックスクエア

○人気のファッション店

1Fに入店するファッションや雑貨のお店も人気。開業当初は入場規制がかかっていたお店も、現在では滅多にそこまでは混みません。ただし車椅子で店内を回遊するには、店内通路が狭いお店が多い。混み合う週末の日中は、車椅子では苦戦することを想定してください。なるべく空き日、空き時間を狙いましょう。

丸の内~ブリックスクエア

○地下のアクセスはコツがいる

アクセスです。1Fに路面からアクセスするのは車椅子でも簡単。ビルの名称は「丸の内パークビルディング」34階建ての高層ビルです。どこからでもこのビルを目指してください。

さて地下経路です。東京駅丸の内口からの車椅子地下アクセスルートは、先ずはKITTEのB1へ。そこでB1のはずれの奥にある、京葉線方面につながるエレベーターを利用して下のフロアへ。そこから京葉線通路でブリックスクエアB2へ向かいます。地下エントランスを入るとエレベーターあり。このエレベーターは1Fまで。2F以上を利用する場合は、1Fで別系統のエレベーターに乗りかえてください。

地下駐車場は自走式で、広くて使いやすい障害者用駐車スペース2か所あり。奥にある障害者用駐車スペースのほうが、ブリックスクエア利用には便利です。地下駐車場からのエレベーターは前出の1F止まりのエレベーター。2F以上へは乗り換えが必要です。

更にマニアックな地下ルートのご紹介です。丸の内仲通りをはさんだ「明治安田生命ビル」の地下につながるルートがあります。これは気が付かない人が多い。車椅子ではエレベーターに乗ったり降りたりするルートですが、機会があれば車椅子でマニアックな地下ルートに挑戦してください。

丸の内~ブリックスクエア

○車椅子では利用が無理なお店

美味しいお店が並ぶブリックスクエアですが、B1の飲食店のいくつかは、車椅子での利用が難しいお店です。店内通路が狭い、席が掘り炬燵式、カウンター席など。障がいの状況によって、求めるバリアフリーは違うので一概にはいえませんが、B1のお店は車椅子では無理かもしれない、とイメージしてお出かけください。

丸の内~ブリックスクエア

○丸の内イルミネーションならここ

冬の風物詩「丸の内イルミネーション」。ブリックスクエアの一号館広場は、もっともイルミネーションが美しいスポットです。車椅子での丸の内イルミネーション鑑賞なら、ブリックスクエア一号館広場周辺は見逃せません。

丸の内~ブリックスクエア

施設全体にやや通路が狭いのも事実。できれば車椅子でのお出かけは、極端に混みそうな連休などは外したほうがより快適です。丸の内随一のお洒落スポット「ブリックスクエア」へ、車椅子でお出かけください。