21-21 DESIGN SIGHT「音のアーキテクチャ展」バリアフリー情報

21-21 DESIGN SIGHT「音のアーキテクチャ展」バリアフリー情報

東京都港区、東京ミッドタウン内の「21-21 DESIGN SIGHT」で、2018年6月29日から10月14日までの開催「音のアーキテクチャ展」に車椅子で行きました。音楽を構造物として見る企画展です。

現地のバリアフリー状況を紹介します。

半地下の展示場内は暗く、映像はあるとき激しく、音響は大きく響きます。車椅子での鑑賞に、いつもの企画展とは少し違う要素があります。

21-21 DESIGN SIGHT「音のアーキテクチャ展」

○受付での注意事項

入館料は障害者手帳の提示で、本人と介助者1名が無料に減免されます。

受付で会場での注意事項の説明があります。

会場は暗いこと。映像は光の点滅があること。突然大音量になること。これらの刺激に弱い障がいのある人は、鑑賞を注意してください。

実際の作品は、それほど極端な刺激はありませんが、リスクのある人は鑑賞を避ける勇気も必要です。

21-21 DESIGN SIGHT「音のアーキテクチャ展」

○車椅子は特別ルートで

21-21 DESIGN SIGHTの企画展としては珍しい動線で、会場の出入口は階段ルートだけの設定。車椅子利用者はスタッフが特別ルートから誘導します。

21-21 DESIGN SIGHT「音のアーキテクチャ展」

エレベーターで地階へ下りるとスタッフがきて、展示会場内へと誘導していただけました。スロープの手前のスペースに、企画展に関する説明が掲示されています。ゆっくりそれを読みたい方は、スタッフに少し待っていただくのも一つの方法です。

21-21 DESIGN SIGHT「音のアーキテクチャ展」

○車椅子はギャラリー2へ

車椅子特別ルートで会場内に入ると、そこは巨大なスクリーンとステージがあるギャラリー2。ひな壇式の鑑賞ベンチがある構造で、車椅子では最前列の通路からの鑑賞です。

21-21 DESIGN SIGHT「音のアーキテクチャ展」

健常者ルートではギャラリー1からの鑑賞なので、ギャラリー2を横断してギャラリー1から鑑賞することをお薦めします。そしてギャラリー2へ戻る。ギャラリー2のステージは自由に上がることができますが、スロープルートはありません。

21-21 DESIGN SIGHT「音のアーキテクチャ展」

ギャラリー2のステージ裏側にも展示があります。この裏側展示をみて、入口と同じ階段で帰るのが健常者ルートです。車椅子ではギャラリー2の表側に戻り、スタッフに声をかけてください。特別ルートへ誘導していただけます。

21-21 DESIGN SIGHT「音のアーキテクチャ展」

とても面白い企画展です。ギャラリー2では8人のアーティストの映像が順番に流れます。すべてを見るにはそれなりの時間が必要です。

21-21 DESIGN SIGHT「音のアーキテクチャ展」は、会場は暗く、映像は光の点滅があり、大音量になる説明を受けて、車椅子で観覧します。