車椅子で行く大泉学園 東映アニメーションミュージアム バリアフリー情報

車椅子で行く大泉学園 東映アニメーションミュージアム バリアフリー情報

東京都練馬区大泉学園の「東映アニメーションミュージアム」は、ワンピースや悟空と遊ぶ、小さな子どもから楽しめる施設で、車椅子で利用できます。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年8月の取材に基づいています。

○アニメーションスタジオの一部

2018年7月にオープンした「東映アニメーションミュージアム」は、大泉学園にある、東映アニメーション大泉スタジオの一部を使った一般公開施設です。

入場は無料。入場時に簡単な記帳をすると、入館許可シールが配られ、目立つところに貼って入館します。

施設はバリアフリーで、車椅子での利用は可能です。

東映アニメーションミュージアム

○展示室、お庭、ショップの構成

ゲートから入場。ゲートの横はミュージアムショップ。通路幅が広く車椅子で利用しやすいショップです。

東映アニメーションミュージアム

前庭の正面にはキャラクター噴水。その右手に展示室へつながるスロープルートがあります。途中にお絵かき自由な黒板があり人気です。緑のお庭の中をスロープで進みます。

東映アニメーションミュージアム

ここで車椅子利用上の注意点があります。このスロープの終点に少し段差があり、角度が急な段差解消機具がつけられています。普通のスピードで進むと、衝撃があるので注意してください。

東映アニメーションミュージアム

○展示室内はフラット

それほど広い展示室ではありません。パッとみてすべてが目に入る大きさです。フラット構造で車椅子での利用は問題ありません。また障害者用トイレも用意されています。

幼児のいる家族連れに人気の施設なので、障害者用トイレが混みあうことは予想されます。

東映アニメーションミュージアム

○「おおかみ少年ケン」がいた

展示の中心は、いま人気のあるキャラクターです。気が付いた範囲で、もっとも古いキャラクターは「おおかみ少年ケン」でした。

東映アニメーションミュージアム

○アクセスについて

大泉学園駅からは少し遠い場所。HPでは、駐車場はなく公共の交通機関の利用が推奨されています。

「東映アニメーションミュージアム」は、駐車場のある大型商業施設「LIVIN大泉OZ」に隣接した立地で、2つの施設の正面エントランスは50mほどの距離です。また反対側の隣接地は「LIVIN大泉OZ」の提携駐車場です。

現時点で「LIVIN大泉OZ」駐車場は1時間まで無料、千円の利用で3時間無料です。「LIVIN大泉OZ」は改装して、1Fに綺麗な障害者用トイレが2つ設置されています。

東映アニメーションミュージアム「東映アニメーションミュージアム」は、アニメ好きの障がいのある子どもと、その家族のお出かけ先にお薦めできます。