アーティゾン美術館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

アーティゾン美術館

東京都中央区京橋のアーティゾン美術館は1Fから6Fのフロアを使用した施設で、一般来館者の上下階移動はエスカレーターを利用する構造です。車椅子利用者はスタッフの誘導を受けてエレベーターを利用します。

各フロア内はバリアフリー仕様で、車椅子での移動や観覧は問題なくできます。車椅子での上下階移動ルートと、知っているとアーティゾン美術館がもっと楽しくなるポイントを紹介します。

アーティゾン美術館

東京駅、日本橋駅、京橋駅から徒歩5分の案内です。アーティゾン美術館は来館者用の駐車場はありません。地下通路と直結したルートもないので、来館者は全員正面エントランスから入館します。エントランスはバリアフリー仕様で、車椅子で問題なく入館できます。

アーティゾン美術館

美術館エントランスの隣の出入口は、高層階オフィスフロアのエントランスです。

アーティゾン美術館

アーティゾン美術館は入館予約制で、観覧券は事前購入できます。そして観覧料の障がい者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。障がい者減免制度を利用して観覧する場合は、事前に入館予約システムで無料観覧券を購入します。

美術館展示室への入口は3Fです。事前予約済みで、有料または無料の観覧券を購入済みの方は、エントランスから3Fに直行するエスカレーターを利用します。事前予約をしていない方、観覧券未購入の方は、1Fで購入手続きを行います。

アーティゾン美術館

車椅子利用者は1Fから3Fへスタッフの誘導に従ってエレベーターで移動します。このエレベーターは3Fまでのエレベーターです。

3Fで事前購入した有料または無料の観覧券を提示して美術館展示室に入室します。

アーティゾン美術館の展示室は4Fから6Fの3フロアです。一般来館者は3Fからエスカレーターを利用して各階の展示室に移動します。

アーティゾン美術館

車椅子利用者はスタッフの誘導を受けて2基ある館内エレベーターを利用して上下階移動します。このエレベーターは3Fから6F間のエレベーターで、スタッフが操作しないと利用できません。

今回取材時は、最初に6F展示室を観覧し、次に5F、最後に4Fの展示室を観覧する順番が勧められました。そうすると各階のスタッフの誘導がスムースになるようです。もちろん、4Fを観覧後にもう一度5Fに戻ることを希望すれば、誘導していただけます。

アーティゾン美術館

2Fにミュージアムショップがあります。展示室を観覧後に立ち寄る場合は、3Fから6F間のエレベーターを利用して3Fに戻り、そこで再度スタッフの誘導を受けて1Fと3F間のエレベーターに移動し、2Fで下りることを希望してください。

ミュージアムショップ利用後は、2Fにいる警備スタッフに1Fへ下りる希望を伝えて、誘導を受けて1Fと3F間のエレベーターをまた利用します。

バリアフリートイレはほぼ各階に用意されています。下の写真は5Fのトイレです。スペースは一般的なサイズの個室で、ウォシュレット付き便器、オストメイト装置が備えられています。

アーティゾン美術館

ここからは知っているとアーティゾン美術館がもっと楽しくなるポイントを紹介します。

美術館正面エントランスの横に、巨大な円柱が建っています。

アーティゾン美術館

この円柱は3Fからガラス面に囲まれた吹き抜け空間を貫いています。これはアートです。

アーティゾン美術館

そしてもう一本の円柱は、アート作品の背景に4Fと5F展示室入口の空間に出現します。

アーティゾン美術館

展示室内だけではなく、館内に見ごたえのある空間が演出されています。

アーティゾン美術館

4Fと5Fの展示室内に吹き抜け空間があり、開放的なアクセントになっています。

アーティゾン美術館

5Fから4F展示室を見下ろすことができます。展覧会によって様々な演出ができそうです。

アーティゾン美術館

展示室の天井には数多くのLEDスポットライトが設置されています。この照明器具はアーティゾン美術館が開発したもので、展示作品を照らす最適な光の演出ができます。

アーティゾン美術館

ジャコメッティ作品は光と影で演出されています。

アーティゾン美術館

スポットライトに照らされたモネの一枚です。

アーティゾン美術館

展示室の外にある作品も、スポットライトで照らされています。無線システム制御でタブレット端末で制御できるLEDスポットライトです。

アーティゾン美術館

4F展示室には、館内で唯一ガラスケース内の展示コーナーがあります。これは古美術品などを展示するための設備です。今回取材時は雪舟の作品が展示されていました。

アーティゾン美術館

展示室内のフローリング床の目地は空調設備です。床全体から空気を吹き出し、天井から換気しています。

アーティゾン美術館

5Fと4Fの展示室には「VIEW DECK」があります。

アーティゾン美術館

大きなガラス面で囲まれた開放的なデッキです。

アーティゾン美術館

5Fのビューデッキは奥行きがあり、京橋の街を広く眺望します。

アーティゾン美術館

チームラボによる「デジタルコレクションウォール」が4Fと5Fに設置されています。タッチするとアーティゾン美術館のコレクションが華やかに映し出されます。

アーティゾン美術館

デジタル化されたコレクションデータを参照できるスペースが用意されています。

アーティゾン美術館

この部屋の内装は凝っています。高い天井に向かって印象的な木材のアクセントが施されています。

アーティゾン美術館

1Fにはカフェがあります。カフェの側面にある大型ガラス9枚は電動回転扉で、開けるとオープンカフェになります。

アーティゾン美術館

アーティゾン美術館は23階建ての「ミュージアムタワー京橋」の中にあります。このエリアは中央区のハザードマップで浸水の危険があるとされています。

アーティゾン美術館

ビルの非常用発電機などの災害対策設備は、美術館の上階8Fと9Fに設置されています。アーティゾン美術館の展示室が1Fではなく4F以上なのは、浸水リスクが考慮されたためです。そのような認識をもって、車椅子でエレベーターを利用してください。

アーティゾン美術館

アーティゾン美術館は、車椅子で上下階移動する際は、全フロアでスタッフの誘導を受けてエレベーターを利用しなくてはなりませんが、素晴らしいコレクションと先進的設備と演出があるバリアフリー美術館です。

別稿で「個性が輝く東京の美術館 お薦めの穴場的アートスペース」を掲載しています。ぜひご覧ください。

(本稿は2022年5月に執筆しました)