学問の神様 湯島天神 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

湯島天神

東京都文京区の湯島天神は、境内はフラットな地形ですが傾斜地に鎮座する社です。車椅子参拝の最大のポイントはアクセスルートの選択です。

湯島駅から徒歩2分、上野広小路駅と上野御徒町駅から徒歩5分、JR御徒町駅から徒歩8分の案内です。これらの駅からアクセスする最短ルートは、階段路である「夫婦坂」を通ります。

湯島天神

次に近いルートも階段路の「女坂」「男坂」を通ります。

湯島天神

「夫婦坂」の階段路を避けて春日通りを直進すると、車椅子では苦しい急坂を上がります。

本郷三丁目駅から徒歩10分の案内ですが、ルートにアップダウンはあまりありません。ただし直線ルートである春日通りの歩道は幅に余裕がないので、並行する裏道の通行をお薦めします。本郷三丁目駅からは、距離はありますが車椅子でアクセス可能です。

車で参拝する場合は、湯島天神の周囲に3か所コインパーキングがあります。最も近いのは唐門の横にある「タイムズ湯島天神第1屋上」です。その地階「タイムズ湯島天神第1地階」からは、春日通りの急坂を上がり境内へアクセスします。

湯島天神

銅鳥居の前にある「タイムズ湯島天神第2」からは、フラットに参道へアクセスできます。

湯島天神

したがってコインパーキングは「タイムズ湯島天神第1屋上」または「タイムズ湯島天神第2」の利用をお薦めしますが、どちらも駐車区画のスペースに余裕がない一般的なコインパーキングです。車椅子での乗降には向いていません。また収容台数が少ないので、満車確率が高いコインパーキングです。車椅子での湯島天神へのアクセスルートは、決め手を欠きます。

湯島天神

なんらかの手段でアクセスできれば、境内は段差なく移動できます。唐門または銅鳥居から境内へ入ります。

湯島天神

境内の参道や通路は、段差のない舗装路面です。

湯島天神

手水舎や撫で牛は、車椅子で近づけます。

湯島天神

宝物殿は内部が階段構造なので車椅子での観覧はできません。

湯島天神

社務所と本殿を渡る橋の下は車椅子で通行できます。

湯島天神

本殿の裏側のお末社エリアもフラットな舗装路面です。

湯島天神

お正月、梅まつり、菊祭りなどの期間は混雑し、また参道は屋台が出店して狭くなり、車椅子での移動に苦戦することがありますが、通常期の境内は車椅子で移動できます。

本殿の拝殿は、賽銭箱は一段の上ですが、段の手前から参拝しても違和感のない距離です。湯島天神は車椅子で参拝ができる神社です。

湯島天神

トイレは境内の外、道路を渡った先にあります。

湯島天神 バリアフリートイレは一般的なサイズの個室で、洋式便器とオストメイト装置が備えられています。

湯島天神

文京区内には他に「牛天神」が鎮座しています。別稿で掲載していますので、ご参照ください。

(本稿は2022年9月に執筆しました)