ゆかしの杜 港区立郷土歴史館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

ゆかしの杜 港区立郷土歴史館

東京都港区白金台に建つ、1938年に竣工した「公衆衛生院」の姿を残しながら、バリアフリー改修を行った複合施設です。2018年に改修工事が完了し、供用が始まりました。

施設全体の名称は「ゆかしの杜」で、港区の行政施設としては、がん在宅緩和ケア支援センターや保育所、学童クラブなどがあります。

そして一般来場者向けには、建物の内外観を鑑賞できる無料エリアと、有料施設「港区立郷土歴史館」があります。

戦前の名建築を車椅子で利用できます。現地の独特なバリアフリー状況を紹介します。

ゆかしの杜 港区立郷土歴史館

○アクセス方法と障害者用駐車スペース

白金台駅から徒歩1分の案内です。駅構内から地上行きエレベーターで上がると、「ゆかしの杜」入口の前に出ます。

ゆかしの杜 港区立郷土歴史館

一般来場者用の駐車場はありませんが、障害者用駐車スペースは2台分用意されています。利用は予約制ではなく、直接現地に行き、その場で警備スタッフに利用を申告します。満車ではないかと心配な場合は、利用前に港区立郷土歴史館に電話連絡をすると、その時点の使用状況を確認していただけるそうです。目黒通りから左折で「ゆかしの杜」の入口内に車を進めて利用します。

ゆかしの杜 港区立郷土歴史館

○中央エントランスへの移動ルート

「ゆかしの杜」の建物への入口は、南エントランスと中央エントランス、2ヵ所あります。障害者用駐車スペースのすぐ横にあるのは、南エントランスです。

建物の内外観または港区立郷土歴史館を見学する場合の入口は、中央エントランスです。中央エントランスは階段構造のため、段差回避するロングスロープが用意されています。

ゆかしの杜 港区立郷土歴史館

車椅子で建物外壁に沿ったスロープを進みます。決定的な段差は回避して、中央エントランスに入ることができます。

ゆかしの杜 港区立郷土歴史館

○中央エントランスと昇降機の状況

有料施設である港区立郷土歴史館を見学する場合は、中央エントランス入口にある受付で観覧料を支払います。港区立郷土歴史館の観覧料の障害者減免制度は、港区民の障がい者だけが対象です。港区民の障がい者は、障害者手帳の提示で、本人と介助者1名が無料に減免されます。

「ゆかしの杜」は1Fから6Fまでの構造で、中央エントランスは2Fです。2Fはフロア内に段差がある構造です。そのため、館内のどこに向かうにしても、車椅子では2F内で昇降機を利用しなければなりません。

ゆかしの杜 港区立郷土歴史館

「ゆかしの杜」で採用された昇降機は、一般的な車椅子が1台搭載できる小さな昇降機です。介助者は同乗できません。昇降機の操作はスタッフが行います。中央エントランスから退館する場合も同じルートで、昇降機を利用します。

したがって昇降機に収まらないサイズの大型車椅子利用者や、昇降機稼働中に介助者が離れることが難しいタイプの障がいがある人は、「ゆかしの杜」館内の利用は困難です。

 

○港区立郷土歴史館のバリアフリー状況

郷土歴史館は2Fが特別展示室、3Fと4F に常設展示室があります。中央エントランスから昇降機で段差を回避した後のルートは、2Fから4Fまでエレベーターで問題なく上下階移動できます。

各階の展示場入口には、駅の自動改札のようなゲートがあり、通常は観覧チケットを入れてゲートを開けて入場します。今回取材時は、車椅子で行くと、各フロアのスタッフがリモコン操作でゲートを開けていただけました。

各フロア内の展示室は、すべてフラットな構造で、車椅子で移動できます。また車椅子で見難い気になる展示は、ほとんどありませんでした。

常設展示は、想像するよりもボリュームがあります。特に3Fは広い。すべての展示を丁寧に観覧すると、おそらく数時間はかかります。時間に余裕をもった観覧をお薦めします。

 

○館内無料エリアの見学ルート

2Fと3Fを吹き抜ける「中央ホール」は、それぞれのフロアで車椅子から見学できます。

3Fの「旧院長室・旧次長室」も、車椅子で見学できます。

ゆかしの杜 港区立郷土歴史館

もっとも有名な見学ポイントである4Fの「旧講堂」は、郷土歴史館4Fからアクセスすると、手前に段差があり、昇降機で移動する必要があります。ここの昇降機も、2F中央エントランスと同じ、小型一人乗りタイプで、スタッフが操作します。

ゆかしの杜 港区立郷土歴史館

「旧講堂」へは、南エントランスから入り、そのフロアにあるS2エレベーターを利用して4Fへ上がると、昇降機を利用せずに見学できます。逆のコースで言えば、郷土歴史館の4Fを見学して、昇降機で「旧講堂」へ下り、その横のS2エレベーターを利用して2Fの南エントランスに出ると、行きに利用した中央エントランス2F内の昇降機を利用せずに退館することができます。

ゆかしの杜 港区立郷土歴史館

なお「コミュニケーションルーム」は、今回取材時はコロナ対策で休室でした。

 

○障害者用トイレの状況

確認できた限りで、2F、3F、4Fに各一つ障害者用トイレがあります。写真は3Fのトイレ。ユニバーサルベッドはありません。未確認ですが、おそらく他のフロアにも、車椅子で利用できるトイレがあると思われます。

ゆかしの杜 港区立郷土歴史館

段差構造の歴史的建造物の姿をそのまま残しながら、車椅子で利用できるバリアフリー改修が行われた希少な施設です。建物の見学は興味深く、郷土歴史館の展示は充実した内容。アクセスは抜群です。小型一人乗り昇降機が利用可能な車椅子利用者には、「ゆかしの杜」および「港区立郷土歴史館」は、お薦めできる施設です。

(本稿は2021年1月に執筆しました)