横浜の春恒例イベント 花のフェア 車椅子観光ガイド バリアフリー情報

横浜の春恒例イベント 花のフェア 車椅子観光ガイド バリアフリー情報

毎年春に横浜みなとエリアで開催される花と緑のフェアは、車椅子で楽しめるイベントです。美しいお花を車椅子で鑑賞する主なバリアフリーコースを紹介します。

「ガーデンネックス横浜」として「みなとエリア」と「里山ガーデン」の2つのエリアがあり、春と秋の企画で「ガーデンシティ横浜」を推進します。横浜市の花は「バラ」で、春は「横浜ローズウィーク」が開催されます。そして「横浜市緑の協会」が40年以上前からおこなっている緑化推進運動「よこはま花と緑のスプリングフェア」が4月に開催されます。

詳細は各イベントのホームページなどで確認してください。

横浜の春恒例イベント 花のフェア 

○横浜公園から日本大通りへ

横浜スタジアムやチューリップ花壇がある横浜公園一帯から、山下公園方面へつながる日本大通りの歩道に、花壇、フラワータワー、ハンギングバスケットなど、様々なお花が飾られます。

横浜公園内の「日本庭園」も含めて、このエリアは車椅子で散策できます。

過去の実績では、日本大通りの花壇は、4月中旬から5月のGWまで展示されます。

横浜の春恒例イベント 花のフェア 

○山下公園の状況

春の花イベントのメイン会場は山下公園です。

花壇「未来のバラ園」は、段差を回避すれば車椅子で園内を散策できます。

山下公園

山下公園内には、数多くの創作花壇やお花がアレンジされたアートが展示されます。

横浜の春恒例イベント 花のフェア 

山下公園全域、車椅子で散策できます。

横浜の春恒例イベント 花のフェア 

横浜の春恒例イベント 花のフェア 

○山下公園から象の鼻パークへ

例年、象の鼻パーク一帯にも創作花壇などが展示されます。

山下公園から象の鼻パークへ車椅子で移動する場合、地上歩道を通行すると路面に小さなデコボコが多く、車椅子にガトゴト衝撃がきます。

山下公園出口横のエレベーターでブリッジに上り、そのまま象の鼻パークまで移動し、スロープ路を下りるルートは路面がフラットです。

象の鼻パークへ

○港の見える丘公園へ

山下公園に次ぐメイン会場は「港の見える丘公園」です。横浜イングリッシュガーデンを中心に、美しいお花を楽しめます。

車椅子では、元町駅から「アメリカ山公園」までエレベーターで上ります。そこから「港の見える丘公園」までは、一部急坂や狭い歩道を通行します。

「港の見える丘公園」から、洋館めぐりなど山手エリアの車椅子での散策路は、アップダウンが激しく、かつ歩道路面が石畳風でデコボコしています。車椅子向きの散策ではありません。

港の見える丘公園

港の見える丘公園

春の横浜はお花がいっぱいです。山下公園周辺は、車椅子で春の花のフェアを楽しめます。

(本稿は2020年2月に執筆しました)