車椅子で行く横浜 ニュースパーク・放送ライブラリー バリアフリー情報

ニュースパーク・放送ライブラリー バリアフリー情報

日本大通りの「横浜情報文化センター」にある「ニュースパーク(日本新聞博物館)」と「放送ライブラリー」は、車椅子で利用出来るのか。両施設のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

ニュースパーク・放送ライブラリー バリアフリー情報

 

○「横浜情報文化センター」のアクセスとバリアフリー概況

「横浜情報文化センター」は駅の真上にあり、両施設専用の駐車場はありません。近隣の市営駐車場は駐車料金の障害者減免があります。

「横浜情報文化センター」はバリアフリー構造。車椅子での利用に大きな問題はありません。

パブリックスペースの障害者用トイレは、1Fと2Fにあります。どちらも男女別トイレの入口付近にありますが、異性介護でも利用できる位置です。

ニュースパーク・放送ライブラリー バリアフリー情報

 

「ニュースパーク(日本新聞博物館)」

○1Fには輪転機

ニュースパークは「横浜情報文化センター」の2Fと3Fに入ります。2Fへ上がる前に「横浜情報文化センター」1Fの「モニュメント輪転機」を見学してください。

静岡新聞社で実際に使われていたオフセット輪転機で、重さが78.7トンもあります。プロジェクションマッピングで印刷シーンを再現しています。

ニュースパーク・放送ライブラリー バリアフリー情報

○エレベーターで2Fへ

ニュースパークの受付は2F。エレベーターで上がります。

有料の施設ですが、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。受付で入館手続きを行ってください。

ニュースパーク・放送ライブラリー バリアフリー情報

○2Fは企画展示室、他

受付を通ると正面にあるのは「ウェルカム展示」。日本各地の新聞が飾られています。

正面からみて右手が「イベントルーム」。ここで一言記事と顔写真の「マイ新聞」が製作できます。予約は不要です。

正面左手は「企画展示室」です。

ニュースパーク・放送ライブラリー バリアフリー情報

○常設展の3Fへ移動

常設展は3Fです。一般来場者はエスカレーターで3Fへ。車椅子利用者はスタッフ同行でエレベーターを利用して3Fへ向かいます。

利用するエレベーターは1Fから利用した自由に使えるエレベーターと同一ですが、3Fでニュースパーク常設展に入る箇所が柵で施錠されています。スタッフに開錠していただき、スロープで常設展へ向かいます。

スロープの手前に新聞閲覧室があり、全国の新聞を読むことができます。

ニュースパーク・放送ライブラリー バリアフリー情報

○常設展はバリアフリー

2016年にリニューアルした展示は、とても良く出来たハイテク系です。新聞の歴史、技術、情報化社会の課題、そして横浜の歴史にも触れます。日本初の日刊新聞は「横浜毎日新聞」。創刊は1871年です。

いずれの展示も、車椅子での見学に大きな問題はありません。「新聞配達ゲーム」は、自転車にまたがり、ペダルをこぐ必要があります。

3Fから帰る際も、柵を開錠していただく必要があるのでスタッフと同行します。

ニュースパーク・放送ライブラリー バリアフリー情報

 

 

「放送ライブラリー」

○エレベーターで8Fへ

「放送ライブラリー」は、公益財団法人放送番組センターが運営する入場無料の施設。「横浜情報文化センター」の8Fと9Fに入ります。

放送ライブラリーの受付は8Fです。

8Fは過去の放送3万本を無料で視聴できる「視聴ホール」。視聴を希望する場合は総合受付で手続きをしてください。名作CMの視聴も可能です。

ニュースパーク・放送ライブラリー バリアフリー情報

○9Fの「展示ホール」へ

9Fは「展示ホール」。常設展示コーナーと企画展示コーナーがあります。

通常8Fと9Fはエスカレーターの利用です。エレベーターで9Fに降りても、その先のドアが施錠されていて利用できません。車椅子利用者は8Fでスタッフに9F利用を申告します。そうするとスタッフが先回りをして、ドアを開けて待っていてくれます。

9Fから帰るときも、同じようにスタッフに申告してください。ドアを開けていただけます。

ニュースパーク・放送ライブラリー バリアフリー情報

○9Fの障害者用トイレは利用申告制

放送ライブラリー内の障害者用トイレは8Fと9Fにあります。9Fのトイレ利用は申告制です。手動ドアを通りトイレへ行くと、障害者用トイレには鍵がかかっています。先にスタッフに声をかけて利用する運用です。

ニュースパーク・放送ライブラリー バリアフリー情報

○9F展示ホール内はバリアフリー

各種の展示がある9F「展示ホール」内は、基本的にバリアフリー。車椅子での利用に大きな問題はありません。

放送局それぞれに公開施設はありますが、局の枠を超えた施設はここだけ。楽しみ方は人それぞれです。

昔の番組を紹介する「プレイバックシアター」は、その時代を知る大人が楽しい展示。「きみはTVディレクター」など子供向きの展示企画もあります。「展示ホール」は様々な年代の人が楽しめる施設です。

ニュースパーク・放送ライブラリー バリアフリー情報

 

「ニュースパーク(日本新聞博物館)」と「放送ライブラリー」は、上下階移動にスタッフの手助けが必要ですが、車椅子で利用出来る施設です。