車椅子で行く箱根~恩賜箱根公園バリアフリー情報

恩賜箱根公園バリアフリー情報

「神奈川県立恩賜箱根公園」は、明治19年に完成した「箱根離宮」の跡地で、昭和21年に神奈川県に下賜されました。芦ノ湖に突き出した半島のような「塔ヶ島」と呼ばれる小山にあり、中央部が頂上で全域が傾斜路の公園です。箱根公園は車椅子で行くとどうなのか。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

恩賜箱根公園バリアフリー情報

○駐車場は障害者減免あり

アクセスは車が便利です。恩賜箱根公園の有料駐車場は、障害者手帳の提示で駐車料金が無料に減免されます。精算前にスタッフに手帳を提示して、減免措置を受ける方式です。

恩賜箱根公園バリアフリー情報

○スロープルートあり

入園無料の公園です。メインルートは階段がある段差路。湖畔を巡る観察路も段差路です。

園内には一本だけスロープルートがあります。恩賜公園の駐車場横から「湖畔展望館」までをつなぐ、舗装された坂道です。

恩賜箱根公園バリアフリー情報

○スロープルートは長い

このスロープルートは全長700mほどあります。また駐車場から300mの区間は傾斜が急で、車椅子で通行できますが体力が必要な道です。

恩賜箱根公園バリアフリー情報

○歩行困難者は車利用可

そのため「自力では湖畔展望館まで歩けない方」は、マイカーの乗り入れ、または電気自動車による送迎サービスがあります。駐車場にいるスタッフに相談してください。どちらも混雑時は順番待ちになります。

恩賜箱根公園バリアフリー情報

○「湖畔展望館」内は階段のみ

公園の頂上に建つ「湖畔展望館」は2階建てで階段のみ。車椅子利用者は2Fには行けません。2Fにあるのはお茶処と休憩室、そして展望バルコニー。バルコニーの車椅子での利用は諦めてください。

恩賜箱根公園バリアフリー情報

○資料室は見学可能

「湖畔展望館」の入口はスロープが有ります。1Fには障害者用トイレと自販機コーナー、そして資料室があります。資料室は「箱根離宮」に関する資料を展示。資料館を見ると、離宮の全貌とその歴史が解ります。

恩賜箱根公園バリアフリー情報

 

「神奈川県立恩賜箱根公園」は、バリアフリールートの範囲に限りますが、車椅子での利用は可能です。傾斜のある長いスロープを行くか、車を乗り入れるかをすれば、皇族と外国からの賓客のために造営された「箱根離宮」の地に、車椅子で足を踏み入れることができます

恩賜箱根公園バリアフリー情報