車椅子で行く奈良~薬師寺バリアフリー情報

薬師寺バリアフリー情報

薬師寺は白鳳時代に建立された古寺ですが、東塔以外はすべて焼失し、現在ある構造物は昭和以後に再建されたものがほとんどです。薬師寺全体、想像するよりもバリアフリーですが、車椅子では難しい箇所もあります。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年6月の取材に基づいています。

薬師寺バリアフリー情報

○駐車場は広くてフラット

先ずはアクセス情報です。電車の駅からも近く、大きな有料駐車場の用意もあります。駐車場は機械ゲートの前金方式で料金の障害者減免はなし。障害者用駐車区画は用意されています。車椅子での利用に大きな問題はない、フラットな駐車場です。

 

○駐車場からのルート

駐車場から薬師寺に向かいます。この歩行者ルートは舗装されてフラット。少し距離はありますが、車椅子での移動は快適です。

駐車場の横に公衆トイレがあり、障害者用が併設されています。清掃されて実用に耐えるトイレですが、現時点では設備はやや古いトイレです。

薬師寺に向かう途中に「休ヶ岡八幡宮」と「孫太郎稲荷神社」があります。駐車場から100mほど進むと、薬師寺南門の南受付に到着します。

 

○拝観料は障害者減免あり

受付で拝観手続きをします。薬師寺の拝観料は、他の寺院と比較して安くはありません。障害者手帳の提示で本人と介助者1名分が半額に減免されますので、障害者減免制度を活用してください。

 

○「白鳳伽藍」エリアへ

境内「白鳳伽藍」エリアに入ります。最初にあるのは「中門」で、スロープ対応です。中門の両サイドに「東塔」と「西塔」があり、正面に「金堂」がある配置。スロープで上る中門の中から見る薬師寺は、見事な景観です。

薬師寺バリアフリー情報

○ほとんどが舗装路

「白鳳伽藍」エリア内の拝観ルートは、ほとんどが舗装路です。車椅子が苦手な砂利路面を通る必要はほぼありません。

 

○「金堂」内へはスロープで

国宝の薬師三尊像が鎮座する「金堂」は、1976年に復興しました。「金堂」内へはスロープ利用で。薬師三尊像をゆっくり車椅子で拝観できます。

金堂内は一周できる構造で、薬師三尊像以外にも拝観すべき像が数多くあります。特に薬師三尊像の裏側エリアは必見です。時間をかけて参拝してください。

 

○「食堂」はバリアフリー設計

「食堂」は2018年の新築。設計がバリアフリーを意識しています。今回訪問時は特別公開中でした。車椅子での拝観に大きな問題はありません。

食堂前は有名な拝観スポット。多数のハスの鉢が置かれています。このエリアは舗装路なので、車椅子で快適にハス鉢の鑑賞ができます。

薬師寺バリアフリー情報

○「西塔」は階段あり

今回訪問時「西塔」特別公開中でした。現時点での薬師寺内の決定的なバリアポイントはここです。西塔内へのルートは階段のみで、車椅子では拝観できません。

ちなみに、国宝の「東塔」は現在解体修理中で、2020年に完成予定です。

 

○「玄奘三蔵院伽藍」へ

「白鳳伽藍」の北受付から出て、更に北へ進むと「玄奘三蔵院伽藍」があります。ここは公開期間しか拝観できません。この院は1991年の建立。車椅子での拝観は可能です。

 

○薬師寺の魅力

「東塔」以外は新しい伽藍ですが、薬師三尊像をはじめ国宝級の像の存在感は凄い。新旧織り交じった独特の世界が、薬師寺の魅力です。そして想像以上にバリアフリーです。

薬師寺バリアフリー情報

法相宗の大本山「薬師寺」は、ほぼバリアフリー寺院。薬師三尊像は車椅子で参拝できます。