車椅子で行く奈良~平城宮跡歴史公園バリアフリー情報

平城宮跡歴史公園バリアフリー情報

国土交通省主管の「国営平城宮跡歴史公園」。2018年3月に開園した観光情報拠点「朱雀門ひろば」を中心に、現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

○施設はすべて快適なバリアフリー

朱雀門広場は段差の無い完全バリアフリー設計。車椅子で快適に利用できます。「天平みつき館」はお土産ショップ。「天平うまし館」はカフェ&レストラン。「天平みはらし館」「天平つどい館」は観光情報施設。いずれもバリアフリーで、綺麗な障害者用トイレがあります。

 

○遣唐使船に車椅子で乗る

「朱雀門ひろば」のアイコンは「復原遣唐使船」です。全長30mで、まるで水に浮いているように設置されています。乗船は無料。スロープ乗船なので車椅子で船内へ行くことが出来ます。

乗船口にはスタッフが常駐して案内。天平ルックの貸衣装もあります。

船内は精密に再現されているそうですが、甲板を車椅子で巡ることができます。命がけでこの船で唐を目指した人たち。どのような船上生活であったことか。「復原遣唐使船」を見学する限り、快適ではなかったことは間違いありません。

平城宮跡歴史公園バリアフリー情報

○公園全体は広い

「国営平城宮跡歴史公園」はとても広い公園です。車椅子ですべてを気軽に散策できる規模ではありません。第一次大極殿を見たいなら、その近くの駐車場へ停める。そういう行動が必要です。

車でアクセスした場合、平常宮跡には複数箇所無料駐車場がありますが、「朱雀門ひろば」の駐車場は「交通ターミナル」で有料です。この有料駐車場の利用方法が変わっています。詳しく紹介します。

 

○交通ターミナルとは

そもそも「交通ターミナル」という名称があるように、路線バスやタクシーの円形乗降場です。その中央部を駐車場に活用。有料なのにゲートがありません。

車でターミナルに入ると、すぐにスタッフが手をあげて寄ってきて「駐車しますか」と聞かれます。「ハイ」と答えると、その場で駐車券に手書きで時刻を記入して渡してくれます。

車椅子利用の旨を申告すると「障害者用駐車区画はこちらです」と誘導していただけました。一般駐車場とは違うエリアにある屋根付き駐車スペースです。

平城宮跡歴史公園バリアフリー情報

○施設へは屋根付きルート

屋根付きの障害者用駐車区画を利用した場合、「天平みはらし館」以外の3棟へのルートは屋根があるので、普通の雨なら濡れずに行けます。ただし暴風雨の場合は吹き込むことが予測される構造です。

 

○駐車料金の精算方法

料金の精算方法が特殊です。「天平みつき館」と「天平みはらし館」に設置されている販売機で、自分で駐車時間を計算して「時間券」を買います。そして駐車場のスタッフに駐車券と時間券を渡します。

お買い物による駐車料金の減免サービスはありません。そして全く告知されていませんが、時間券販売機には「障害者減免券」がありました。正規料金の半額。駐車スタッフに障害者手帳を提示し、障害者減免券を渡して出庫できました。

まだ開園して日が浅い「朱雀門ひろば」です。駐車場の運用ルールは、今後変わるかもしれません。

平城宮跡歴史公園バリアフリー情報

○段階整備を推進中

「国営平城宮跡歴史公園」は、2010年に第一次大極殿の一部が公開。2018年に朱雀門広場開業。そしてこれからも整備が続きます。

順調に進めば、2019年には第一次大極殿を囲む回廊部の公開が始まる予定。第二次大極殿周辺エリアの整備は、まだまだ先の計画です。

 

「国営平城宮跡歴史公園」に新しく誕生した「朱雀門ひろば」は、素晴らしいバリアフリー施設です。安心して車椅子で利用できます。