車椅子で行く奈良~東大寺バリアフリー情報

東大寺バリアフリー情報

奈良の象徴、大仏様が鎮座する「東大寺」。車椅子で参拝するとどうなのか。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○バリアフリー改修の概要

東大寺はバリアフリー改修を進めています。現時点では、大仏殿までのバリアフリー歩道、大仏殿内の車椅子参拝ルート、障害者用トイレの設置が実現しています。

本稿執筆時点ではまだ長期休館中ですが、「東大寺ミュージアム」が2018年9月にリニューアルオープンします。バリアフリー化が進んでいるはずです。東大寺バリアフリー情報

○全長500m超のバリアフリー歩道

大仏殿までのバリアフリー歩道について、詳しく紹介します。

大仏殿前交差点から東大寺参拝をスタートさせます。ここから「南大門」を経由して「中門」、左折して「西楽門」までの500m超が「車椅子ルート」です。その正体は、ゴツゴツする石畳みルートの中央部を1mほどフラットな路面に改修した道。2004年に改修されました。アップダウンもなく、車椅子でスッと通ることができます。東大寺バリアフリー情報

○鹿と観光客に注意

バリアフリー歩道の利用上の注意点です。

参道中央部のフラットなバリアフリー舗装上は、鹿と記念撮影の観光客がいっぱいです。しかもなかなか動かない。車椅子に気が付いて避けてくれる人もいますが、車椅子でバリアフリー舗装上を通行できるとは限りません。もちろん鹿の落し物もバリアフリー舗装上にあります。東大寺バリアフリー情報

○仁王像は覗き込む

もう一つの課題は、南大門の仁王像の拝観です。

南大門を通るには段差を超える必要があるので、車椅子ルートは左右両方に迂回して配置されます。そのまま門の外側を迂回して通ると、仁王像を見ることが出来ません。車椅子では門の段差の外側から覗き込んで仁王像を拝観します。東大寺バリアフリー情報

○大仏殿拝観券売り場は階段の上

バリアフリー歩道は、大仏殿の西楽門まで続きます。ここが大仏殿へのスロープルートの入口です。入口にはスタッフが1名常駐。大仏殿は有料で、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の拝観料が半額に減免されます。

スロープルート入口スタッフに、拝観券を提示してスロープに入ります。つまり先にチケットを購入する必要が有ります。拝観券の売り場は階段の上です。

車椅子利用者だけで拝観に来た場合どうするのか、スタッフに聞くと「私が買ってきます」というお答えです。そのような運営になっています。東大寺バリアフリー情報

○大仏殿西回廊は車椅子専用ルート

西楽門からスロープで上ると「西回廊」へでます。西回廊から大仏殿までの回廊区間は、一般客は通行できません。ベビーカーも許されません。通行できるのは車椅子利用者と介助者のみです。東大寺バリアフリー情報

大仏殿への最後のスロープの先には木製の柵があり、自分で開閉します。大仏殿内を一周して大仏様の前に戻ってくると、そこにも木製の柵があり、ここも自分で開閉して西回廊に戻ります。東大寺バリアフリー情報

東回廊にはスロープがないので、一般客とは逆に西楽門へ向かいます。したがって団体の中で一人車椅子、という場合は、行きも帰りも健常者とは違うルートなので、団体行動は出来ません。東大寺バリアフリー情報

○障害者用トイレは西楽門の近く

大仏殿スロープルートがある西楽門の近くに、公衆トイレがあります。このトイレは男女別入口に、それぞれ障害者用トイレが設置されています。入口なので異性介護でも利用可能。広さはありますが、現時点では設備はウォシュレットなしのトイレです。このトイレの前が喫煙場所なので、煙草が臭うトイレです。

東大寺バリアフリー情報

○東塔跡周辺はフラットな散策路

バリアフリー歩道は、東塔跡方面へも伸びています。芝生広場のような東塔跡周辺を通る散策路は、舗装されてフラットです。ここは観光客が少ないエリア。若草山方面へ、しばらくの間は快適に車椅子で通行できます。

東大寺バリアフリー情報○二月堂への道は急坂路

最後にバリアポイントの紹介です。

バリアフリールートは「二月堂」まで届いていません。車椅子で向かうなら、二月堂方面へ向かう車道を通行します。この坂は急坂路ですが、元気な人、屈強な介助者がいる人ならクリアできないことはないレベルです。東大寺バリアフリー情報

この坂道は観光タクシーの通行は認められています。体力のない方はそれも選択肢です。ただし二月堂、法華堂(三月堂)、そして戒壇堂には段差があり、車椅子での内部の拝観はできません。東大寺バリアフリー情報

混雑の問題はありますが、東大寺の大仏様は、車椅子で拝観できます。二月堂、法華堂(三月堂)、戒壇堂は、バリアフリーではありません。