車椅子で行く奈良~唐招提寺バリアフリー情報

唐招提寺バリアフリー情報

唐招提寺は意外なほど車椅子への配慮があります。車椅子で参拝する唐招提寺。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○広い有料駐車場に障害者用トイレ

唐招提寺は電車の駅から徒歩圏内です。

そして門前に広々した有料駐車場があります。駐車料金の障害者減免はありませんが、障害者用駐車区画の用意があります。

駐車場の奥に一戸建て方式の公衆トイレがあり、障害者用を併設。現時点ではウォシュレットは付いていませんが、実用に耐えるトイレです。

唐招提寺バリアフリー情報

○南大門はスロープ対応

唐招提寺への入口は「南大門」です。段差のある門ですが、スロープ対応になっています。後付したスロープで、車椅子での通行は快適ではありませんが、なんとか通行できます。

「南大門」の下にある受付に行きます。拝観料は障害者手帳の提示で、本人と介助者1名が半額に減免。観覧料を支払い、門からスロープを下りて境内へ進みます。

 

○唐招提寺の国宝

唐招提寺には価値の高い文化財が数多くあります。鑑真和尚坐像は国宝。金堂、講堂、鼓楼、宝蔵、経蔵はすべて国宝。他に重要文化財の仏像、絵画などが多数あります。唐招提寺バリアフリー情報

○金堂内へは階段のみ

南大門から境内に入ると、正面に見えるのが国宝「金堂」。境内はほとんどが浅い砂利路面で、車椅子での移動はなんとか可能です。金堂内へは階段のみでスロープ対応はありません。唐招提寺バリアフリー情報

○国宝「講堂」はスロープあり

金堂の裏にあるのが、国宝「講堂」です。正面からは見えませんが、講堂は裏にスロープがあります。車椅子で内部へ。如来像をはじめ重要文化財の仏様を車椅子で拝観できます。唐招提寺バリアフリー情報

「講堂」から、境内に建つ国宝の「鼓楼」「宝蔵」「経蔵」などを見ながら「新宝蔵」へ向かいます。新宝蔵に向かう道は一部舗装路になっています。唐招提寺バリアフリー情報

○新宝蔵もスロープあり

新宝蔵は別途拝観料が必要な展示館で、障害者減免はありません。新宝蔵のエントランスへは健常者は階段で上りますが、車椅子ではつづら折りのスロープを利用します。

新宝蔵内は土足禁止。健常者は靴を脱ぎます。今回車椅子で行ったところ、スタッフから「そのままどうぞ」という声があり、特にタイヤも拭かず、そのまま館内に車椅子で入りました。

展示されているのは重要文化財級の文化財。受付で展示作品のリスト「展観目録」をいただけました。唐招提寺バリアフリー情報

○唐招提寺のバリアポイント

決定的に車椅子で行けないのは「鑑真和尚開山御廟」。ここへ向かうルートは段差路です。また今回参拝時「御影堂」は長期大修理事業中で見学不可でした。

 

○ショップは必見

寺務所に併設して小規模ながらお土産ショップがあり、ここにしかないグッズが多数販売されています。小さなお店なので、混雑していると車椅子ではやや苦戦しますが、店内はフラットなので、車椅子で立ち寄ることができます。

 

積極的に広報をしていませんが、「講堂」と「新宝蔵」にはスロープがあります。唐招提寺は車椅子への配慮がある、車椅子で参拝が出来る寺院です。