車椅子で行く福島~裏磐梯バリアフリー情報

裏磐梯バリアフリー情報

自然の宝庫「裏磐梯」で、車椅子で観光が出来る「毘沙門沼」「裏磐梯ビジターセンター」「道の駅裏磐梯」、以上3カ所のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

 

「毘沙門沼」

○ホテル五色荘を車で目指す

五色沼の一つ、毘沙門沼に行くルートです。アクセスは車が便利。仮に目指すのは「ホテル五色荘」。ややわかりにくので、カーナビをしっかり設定してください。

行き止まり付近が駐車場になっています。駐車場はほとんどが未舗装路面。舗装されたルートはごく一部です。

そして本当の目的施設は隣接する「五色沼売店」です。

裏磐梯バリアフリー情報

○売店には障害者用トイレあり

「五色沼売店」は2フロア構造。障害者用トイレの用意があります。

駐車場がある1F部から2F部へは、建物横のスロープで上ります。このスロープは舗装されていますが、やや急な傾斜路。この傾斜が車椅子最大の難関です。この傾斜さえクリアできれば、毘沙門沼は目の前です。

裏磐梯バリアフリー情報

○毘沙門沼を車椅子で展望台から観る

スロープをのぼるとその先に、毘沙門沼を観る展望台があります。

トレッキングで有名な裏磐梯五色沼。沼を巡る路は未舗装なので、車椅子で散策するのは辛いルートですが、毘沙門沼だけなら、車椅子で展望台から観ることができます。

裏磐梯バリアフリー情報

裏磐梯バリアフリー情報

「裏磐梯ビジターセンター」

○センターの専用駐車場へ

「裏磐梯ビジターセンター」は、「五色沼売店」から100mほどの場所にあります。センターはバリアフリーで、車椅子での利用に大きな問題はありません。

専用の大きな無料駐車場があり、障害者用駐車スペースが用意されています。駐車場から歩道、歩道から施設へは段差回避のスロープ利用。基本は段差ありの設計ですが、車椅子での利用は可能です。

裏磐梯バリアフリー情報

○トイレは公衆トイレ

トイレは独立一戸建て方式の公衆トイレに、障害者用が併設されています。インドアトイレはありません。標高の高い寒い地域なので、冬場の利用は寒さを覚悟してください。

裏磐梯バリアフリー情報

○裏磐梯の自然が学べる無料施設

センター内には、五色沼それぞれの写真の展示があるので、車椅子では行けない沼の様子も分かります。

一帯の動植物の生態、そして裏磐梯形成の歴史。館内で放映されるビデオは、とても解りやすくためになる内容です。明治時代に磐梯山の噴火によって様相が一変した一帯。わずか100年で自然がなしえた変容に驚きます。

センターで裏磐梯一帯の自然形成過程を知ると、一層興味深く五色沼を見ることができます。あまり知識の無い方は、先にセンター、次に五色沼の順でまわられることをお薦めします。

裏磐梯バリアフリー情報

 

「道の駅裏磐梯」

○イメージは山小屋

標高800mにあり愛称は裏磐梯ビューパーク。「道の駅裏磐梯」は、車椅子で利用できる山小屋のような道の駅です。

周辺にあるのは山と湖だけ。その雰囲気に合うようにデザインされた建物は山小屋風。食事処、産直ショップ、お土産コーナー、アイス屋など複数の売店で構成される施設です。

観光シーズンは夏と早めの秋。高原の涼しさ、そして一足早い紅葉を楽しめる場所です。

裏磐梯バリアフリー情報

○産直ショップは冬季クローズ

産直ショップ棟内にインドアの障害者用トイレがあります。ウォシュレットありの上質なトイレです。

ただし山の道の駅なので、産直ショップは12月から3月まで冬季休業です。独立タイプのトイレ棟は、通年24時間利用できます。

寒さ対策のため、建物出入口のドアはほとんど手動ドアです。介助者がいないと、車椅子では厄介なタイプのドアもあります。

裏磐梯バリアフリー情報

○展望台へは階段のみ

ここは1997年に誕生した施設。裏磐梯ビューパークの愛称を象徴する施設、2F「展望台」へは階段のみで、車椅子では行けません。

車椅子で眺望を楽しむなら「展望台」の下部にあるレストランから。メニューは、手打ちざるそば800円、というイメージ。テラス席もあります。

裏磐梯バリアフリー情報

○郷土品コーナーは充実の売り場

レストランと同じ棟に入るショップは郷土品コーナー。会津の漆器を中心にとても充実した品揃えです。通路幅は広くはありませんが、車椅子で店内回遊は可能。標高800mの地で、多種多彩な郷土品と出会えます。

裏磐梯バリアフリー情報

 

車椅子で行く裏磐梯。場所を選べば、楽しく車椅子で観光できます。冬季から春遅くまでは積雪があるので、車椅子では初夏から秋の利用をお薦めします。