車椅子で行く福島~大内宿バリアフリー情報

大内宿バリアフリー情報

茅葺屋根の家並みがそのまま残る「大内宿」は、車椅子で観光出来るのか。同じ下郷町内にある観光地「塔のへつり」とともに、現地現場のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

「大内宿」

○駐車場のバリアフリー状況

大内宿へのアクセスは車です。宿の入口付近に、遠近2か所の有料駐車場があります。駐車料金の障害者減免措置はありません。現時点では、駐車料金の支払いは出るとき後払い方式です。

近い駐車場が満車の時は、やや離れた場所にある第二駐車場に誘導されますが、身体障害者は近い駐車場に優先誘導していただけるそうです。誘導スタッフに車椅子利用の旨を、申告相談してください。

近い駐車場内には、障害者用駐車区画の設定はありません。乗降に困る状況であれば、駐車場スタッフに申告相談してください。状況に応じて乗降しやすい駐車場所に誘導していただけるそうです。

 

○大渋滞に注意

混むときは、全く車が動かない、もの凄い渋滞が発生します。そのため周辺の道路に、渋滞状況の案内板が設置されています。対策はピークズラシしかありません。

 

○トイレは駐車場

障害者用トイレは、駐車場にある公衆トイレに併設されています。宿内には公衆トイレがないのでご注意ください。

 

○駐車場から大内宿へ

近い駐車場から大内宿までは舗装路。車椅子での通行に大きな問題はありませんが、ところどころデコボコがあるので、慎重に移動してください。

 

○想像以上に動きやすい道

大内宿メインストリートのバリアフリー状況です。

17世紀に整備された宿場町。両側に茅葺屋根の家並みがそのまま残るメインストリートは、未舗装で緩い傾斜路。ところが実際に車椅子で通行すると、意外に動きやすい道です。

雨上がりや雪解け時は路面がぬかるむでしょうか、そうでなければ車椅子での通行は十分に可能です。

大内宿バリアフリー情報

○お店はバリア構造

メインストリートの両脇に並ぶ家並みは、ほとんどがお店。飲食店か物販店です。

車椅子でお店に立ち寄る際は、デコボコ段差に注意してください。全く近づけないほどのバリア店舗はほとんどありませんが、バリアフリーでありません。

そして店舗自体は、茅葺屋根の家なので、基本はバリア構造です。軒先での買い物やテイクアウトなら車椅子で可能ですが、車椅子でそのまま快適に利用できる蕎麦屋は無いと思ってください。もちろんその人の障がいの状況によるので、現地で現場をしっかり確認して利用してください。

大内宿バリアフリー情報

○展望スポットは階段の上

メインストリートの突き当りまで行くと、高台の展望台に上る階段路があります。大内宿全体を上から眺めることが出来る人気スポットへ行く階段路です。

この階段はきつい。車椅子で無理なのはもちろん、足の悪い人、体力に自信の無い人にもお薦めしません。

大内宿バリアフリー情報

○偶然が重なった奇跡の家並み

現代の感覚でいえば、山奥に忽然と出現する茅葺の家並みです。

会津地方の宿場は、ほとんど戊辰戦争で焼失したのですが、大内宿は戦場にならなかったこと。

そして明治以後、街道が変わり人の流れがなくなり、まったく再開発されなかったこと。

それでも大内宿の住人たちが自力で茅葺の家並みを維持したこと。

近年観光資源として脚光があたり、保存地区として整備が進んだこと。

重なった偶然が生んだ、奇跡の家並みです。

大内宿バリアフリー情報

 

「塔のへつり」

○へつり=危険な崖

百万年の歳月をかけて、大川の浸食と風化により造られた奇岩と渓谷美を楽しむ景勝地です。「へつり」はこの地方の方言です。

 

○駅あり、駐車場あり

最寄駅は「塔のへつり駅」。駅から「塔のへつり」までは500mほどの距離。その間は快適なバリアフリー路ではなく、舗装路ながらデコボコ注意で、傾斜路もあります。

無料駐車場があります。最初に出てくる大きな駐車場を通過して奥に進むと、停めにくい場所ですが、障害者用駐車区画が2台分用意されています。ここからなフラットに「塔のへつり」方面に行くことが出来ます。

 

○車椅子では土産物店の展望台から

この景勝地には、無料で利用できる観光用の橋が架けられていますが、橋は段差構造で車椅子では利用できません。

周辺には数軒の土産物店があります。車椅子で「塔のへつり」を見ることができるのは、最も大きな土産物店にある展望台からです。土産物店の営業時間なら利用することができます。

 

 

人気観光地「大内宿」は、車椅子でメインストリートの散策ができます。近隣の観光地「塔のへつり」の観光橋は、車椅子では利用できません。