車椅子で行く福島~喜多方しだれ桜並木バリアフリー情報

喜多方しだれ桜並木バリアフリー情報

3kmの遊歩道に1000本のしだれ桜が咲く、喜多方の春。喜多方しだれ桜並木は、車椅子で快適散策ができます。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年4月の取材に基づいています。

○車椅子でどこまでも行ける

しだれ桜並木があるのは、1984年に廃線になった日中線の線路の跡地。まっすぐに伸びる遊歩道の両脇に、約1000本のしだれ桜が植栽されました。今では立派に育ったしだれ桜が咲き誇ります。

線路の跡地を遊歩道にしているので、真っすぐでフラット。車椅子で快適な散策ができます。ただし3kmもあるので、どこまで行くかはその人次第。無理のない範囲で車椅子観光を楽しんで下さい。

喜多方しだれ桜並木バリアフリー情報

○観光駐車場はオフロード

2018年4月時点の状況です。

さくら祭り期間中、無料観光駐車場が用意されます。場所は県立喜多方商業高校跡地。未だ校舎が残る、廃校になった学校の校庭が駐車場です。

元校庭の駐車場は未舗装。障害者用駐車区画の設定があるので、誘導スタッフに車椅子利用の旨を申告相談してください。ただし場所は出入口に近いのですが、未舗装路面で広さも一般駐車区画と変わらない障害者用駐車区画でした。

駐車場に停まっている車のナンバーを観察すると、県外ナンバーが過半。広範囲からの集客を実現しています。

喜多方しだれ桜並木バリアフリー情報

○遊歩道の出入り箇所は限定的

遊歩道の正式名称は「日中線記念自転車歩行者道」です。

遊歩道は周囲よりも一段高い箇所が多く、一般道路へ接続する出入口はところどころにある構造です。したがってしだれ桜並木と一般道路の出入り箇所は限定的。計画的に行動する必要があります。

喜多方市内を散策して、しだれ桜並木に戻ろうとしたのですが、車椅子で通行できる出入り箇所に、なかなかたどり着けませんでした。

喜多方しだれ桜並木バリアフリー情報

○最寄りのトイレは喜多方プラザ

喜多方は、障害者用トイレの設置に努力しています。

しだれ桜並木から最寄りのインドアトイレは喜多方プラザ内。SLが展示されている場所にある公衆トイレにも、障害者用が併設されています。

街中を散策するなら、各観光案内所に障害者用トイレの用意があります。また喜多方市役所内には、とても綺麗な障害者用トイレがあります。

喜多方は、車椅子でのトイレ利用はなんとかなる観光地です。

喜多方しだれ桜並木バリアフリー情報

○喜多方ラーメン店のバリアフリー事情

ラーメン以外を食べるのが大変なくらい、喜多方はラーメン店が多い街です。

車椅子で喜多方ラーメンを食べたい方へ。とてもすべてのラーメン店をチェックできたわけではありませんが、観察する限り、車椅子で利用しやすいラーメン屋さんは数が少ない印象です。

狭いお店、入口に段差があるお店、店内を覗いてみると席のほとんどが小間上がりのお店。そしてランチタイムは、人気店は行列ができます。

車椅子で喜多方ラーメンを味わいたい場合は、グルメ情報だけに頼らず、現地現場のバリアフリー状況をよく確認して、お店を選ぶ必要があります。

喜多方しだれ桜並木バリアフリー情報

これほど車椅子で散策しやすい桜並木はありません。しだれ桜の開花時期に喜多方へお出かけください。喜多方しだれ桜並木は、車椅子利用者にお薦めできます。