車椅子で行く銚子~ウオッセ21バリアフリー情報

銚子~ウオッセ21バリアフリー情報

銚子を代表する観光施設「ウオッセ21」は、車椅子で利用できるのか。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○3つの主要施設

ウオッセ21は展望塔の「銚子ポートタワー」、レストラン「うおっせ」、水産物即売センター「ウオッセ21」で構成される観光施設です。隣接して「夫婦ヶ鼻公園」があります。

アクセスは車が便利。無料駐車場は「銚子ポートタワー」側と水産物即売センター「ウオッセ21」側の2か所あり、障害者用駐車区画の用意があります。

銚子~ウオッセ21バリアフリー情報

○空中連絡橋あり

高低差のある地形に建つ施設です。「銚子ポートタワー」側が高地で、水産物即売センター「ウオッセ21」側が低地。水産物即売センターの2Fがレストラン「うおっせ」で、「銚子ポートタワー」とレストラン「うおっせ」が、空中連絡橋で結ばれています。したがってエレベーターを利用して、全施設間を車椅子でほぼフラットに移動できます。

銚子~ウオッセ21バリアフリー情報

○「銚子ポートタワー」のバリアフリー状況

「銚子ポートタワー」は有料の展望施設ですが、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。1Fのインフォメーションで入館手続きを行います。

低層階が1Fと2F。タワー上層の高層階が3Fと4Fの構成。車椅子利用者はすべてのフロアへエレベーターを利用できます。スタッフの誘導指示にしたがってください。

4F展望室の窓は低い位置からのガラス張りです。車椅子から十分に眺望を楽しめます。

銚子~ウオッセ21バリアフリー情報

○レストラン「うおっせ」のバリアフリー状況

鮮魚地魚シーフードレストラン「うおっせ」の店内は、床面はフラット構造で、可動できる一般的なテーブルと椅子が配置されているので、車椅子での利用は可能です。店内はスペースに余裕があるので、奥のテーブルへも車椅子で移動することができます。

1991年に誕生した施設なので、設備はやや古さを感じますが、出入口に多少の段差がある程度で、車椅子利用に決定的な問題はありません。

銚子~ウオッセ21バリアフリー情報

○水産物即売センター「ウオッセ21」のバリアフリー状況

ショップと食事処が入る「ウオッセ21」は、ワンフロアで床面はフラット。施設全般、車椅子での利用は可能です。一部、店内通路が狭い物販店や、カウンター席中心の食事処など、車椅子では利用し難いお店もあります。

銚子~ウオッセ21バリアフリー情報

○水産物即売センター出口のトイレは狭い

水産物即売センター「ウオッセ21」の、「中庭広場」側の出口左側に障害者用トイレがあります。このトイレはスペースが狭く、一般的な車椅子が入るギリギリのサイズ。ただし設備は更新されてウォシュレット付きトイレです。「銚子ポートタワー」の障害者用トイレのほうが、広さはあります。

 

 

施設全般に老朽化がみられますが、車椅子で利用できない決定的な問題箇所はありません。「ウオッセ21」は車椅子で利用できる観光施設です。